ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

ドル円は付くとは思えないぐらい深い水準の押し目買い。ユーロドルは戻り売り。

小林芳彦
小林芳彦 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
相場は知的格闘技!元気に相場と戦いましょう!
慶應義塾大学商学部卒。邦銀・外銀を通じ為替営業部長として日銀・財務省や法人顧客を多数担当。ユーロマネー誌(日本語版)顧客投票ベストセールス部門6年連続第1位、過去7回受賞。短期為替予測部門でも5年連続第1位受賞。JFX株式会社代表取締役 小林芳彦
予想終了
  • 米国ドル 予想期間9月20日

    ドル円は付くとは思えないぐらい深い水準の押し目買い。ユーロドルは戻り売り。

    9月19日(木)19時21分みんなの株式
夕方の相場コメント
朝方からなんとか下げさせないように108.40台を買って相場を維持、東京の9時過ぎに108.47まで買い上げて108.50突破をもくろんだ米系ファンドや商品投資顧問の短期ドル買いを食い止めたのが本邦輸出のドル売りと言われています。

9月17日の東京時間とNY時間に108.37台で上値を止めたのが本邦自動車のドル売りではなかったのかと噂になりましたが、まだまだ売り興味があって108.50越えで待っていた可能性が高かったのではなかったでしょうか。

仲値前に買い上げる動きは目立たず、なんとか下がらないように食い止めていた感じでしたが、9:42に108.42が潰れて108.40が割れてからは下がる一方となりました。
かなりの輸出企業のドル売りが仲値以降も入っていたようで上値が非常に重たくなりました。
午前11時前に107.992まで下げましたが、一旦ここから108.168まで戻したあと、日銀の現状維持11:49で海外勢の円売りポジションの巻き戻しで円買いとなって108.00へ。
何らかの金融緩和を期待した向きが円売りポジションを作っていたものの、何もなかった事で失望の円売りの巻き戻し=円買いとなったと考えられます。

『日銀、当分の間、少なくとも2020年春頃まで極めて低い長短金利水準を維持』と出て一瞬108.139までビッドになる場面がありましたが、これが戻り高値となって午後6時以降に107.931まで下がってきています。

90日移動平均線107.750がサポートで今日の安値107.79はこれで止まった形です。
昨日108.48、本日108.47と高値をやったものの、108.50を突破できず下がってきておりこれで90日移動平均線を割り込めば107.40-45まで調整で下がる可能性も出てくるので今晩の動きは重要です。

だめもとで21日移動平均線が106.975、日足雲上限が107.185であるため、この間の107.150にとぼけて買いを入れておこうと考えています。
<USD JPY>  買い
107.150で引き付けて押し目買いイメージ。ストップは
106.800で。利食いは107.750でイメージしています。
<EUR USD>  売り
1.10950で引きつけて戻り売りから。ストップは1.11100に
置きながら1.10350で買い戻しをイメージします。

=============================
ユーロ円・ポンド円は 元々指値は置きません。
◆ユーロ円 売り
119.900で新規売り。ストップは120.200に置きながら119.150で利食い。
119.541-546
◆ポンド円 売り
135.500で新規売り。ストップは135.800に置きながら134.350で利食い。
134.762-772

9月19日
18:51

ドル円   108.002-005
ユーロドル 1.10674-678

最終更新:9月19日(木)19時21分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ