ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

日米双方で金融政策イベント=外為どっとコム総研 神田卓也

神田卓也
神田卓也 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
広範な知識と精緻な分析が光るマーケットの匠
株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 証券株式会社を経て、1991年㈱メイタン・トラディション入社。インターバンク市場にて、為替・資金・デリバティブ等の取引業務を担当し、国際金融市場に対する造詣を深める。2009年同社入社。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間9月19日

    日米双方で金融政策イベント=外為どっとコム総研 神田卓也

    9月18日(水)16時35分みんなの株式
日米双方で金融政策イベント
【基調】
 方向感模索

【注目イベント】
 ・9/18 FOMC政策金利、FOMC経済・金利見通し、パウエルFRB議長会見
 ・9/19 日銀金融政策決定会合、黒田日銀総裁会見
 ・米長期金利、主要国株価
  
【本文】
本日から明日にかけて、米国と日本で金融政策発表が行われる。ドル/円相場の取引レンジが拡大する可能性もあるため注意が必要だろう。本日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利の25bp(0.25%)引き下げがアナウンスされる公算が大きい(FF金利の誘導目標は1.75-2.00%に)。もっとも、市場はこれをほぼ織り込んでおり、利下げ幅が0bp(利下げ見送り)や50bpにならない限り、関心は追加利下げに対するFOMCの姿勢に向かうだろう。やや極端に言えば、「利下げ継続」でドル安か「利下げ打ち止め」でドル高かが焦点となる。政策金利見通しのドットプロットやパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見が重要な意味を持ちそうだ。

一方、明日の日銀金融政策決定会合は追加緩和を見送ると見られている。一時は緩和観測が高まる場面もあったが、足元では円高が一服しており株価も堅調につき、今回は残り少ない緩和カードを「温存」するとの見立てが優勢のようだ。ただ、欧州中銀(ECB)の包括緩和、FOMCの利下げと続いた直後にもかかわらず、日銀だけが動かないとなれば、市場に日銀緩和の「手詰まり感」が広がる恐れもある。黒田日銀総裁の会見も要注目だろう。

ドル/円相場の今週の取引レンジは、おおよそ107.50-108.40円。上抜けなら上昇トレンド継続の期待が高まる一方、下抜けなら調整局面入りの見方が浮上しそうだ。日米金融政策イベントでいずれかに抜ける公算が大きいだけに目先の動きが注目される。

最終更新:9月18日(水)16時35分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ