ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【売り】ANAホールディングス(9202)18日の陰線は陰の丸坊主?=フェアトレード田村祐一

田村祐一
田村祐一 勝率:48%(113勝122敗) パフォーマンス:-17.7
統計データに基づく有力銘柄の選定
フェアトレード(株)所属。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株価を大きく動かすイベントに合わせて銘柄を売買する「イベント投資」にも注力。
予想終了
  • 日本株 予想期間9月19日

    始値(3,746円)→終値(3,731円)

    【売り】ANAホールディングス(9202)18日の陰線は陰の丸坊主?=フェアトレード田村祐一

    9月18日(水)21時22分みんなの株式
■注目銘柄:【売り】ANAホールディングス(9202)
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
■注目理由
18日の同社株価は、3800円の高値で寄付きましたが、そのままヒゲをつけることなく3718円までがした。売りのサインと言われる陰の丸坊主をつけたことで、積極的な買いが集まる可能性は低く、引き続き売り優勢に推移すると予想します。

■テクニカル分析
中期的に3600円前後をボックス圏内で推移してきた中で、直近12日13日と大きく上昇していました。18日の寄付きは3800円で始まりましたが、一時的な過熱感から売りに押されそのまま引けています。25日移動平均線との乖離は、およそ2.5%プラスとなっており、上がり過ぎの水準ではないものの、引き続き軟調に推移する可能性があるでしょう。

■事業概要
国内線、国際線ともにトップ。アジア近距離路線が強力。傘下にはバニラ・エアやピーチなど。時価総額約1兆2591億円。PER約11.1倍 PBR約1.1倍。

■足もとの業績
直近発表の2020年3月期第1四半期決算では、売上高5005億8百万円(前年同期比+3.2%)、営業利益161億73百万円(同-19.4%)、四半期純利益114億18百万円(同-29.1%)となっています。

最終更新:9月18日(水)21時22分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ