ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

米10年債利回り1.7%台まで急上昇

井口 喜雄
井口 喜雄 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
わかりやすい説明に定評あり、現役実力派ディーラー
1998年よりディーリング業務に携わり、2009年からみんなのFXに在籍。ドル円や欧州通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。認定テクニカルアナリスト
予想終了
  • 米国ドル 予想期間9月12日

    米10年債利回り1.7%台まで急上昇

    9月11日(水)17時02分みんなの株式
米10年債利回り1.7%台まで急上昇
来週の日銀金融政策決定会合で「金融緩和が検討される見通し」との報道のほか、米中通商協議の合意期待などを受けてマーケットはリスクオンムードとなっています。米10年債利回りもあしもと1.4%台から1.7%台まで急上昇しており、リセッション入りの懸念となっていた米長短期債の逆イールドも解消されました。そうしたなか、本日は26:00に米10年債入札が予定されており、入札結果での需給動向とその利回り水準に注目が集まります。

チャートを見てもドル円の立ち位置は大きく改善していることがわかります。107.50円付近に差し掛かる75日移動平均線を上抜け、日足の一目均衡表の雲も右肩下がりの形状となっているため、値を保っていれば自然と上抜けてテクニカル的にいい形になってきます。また、日銀が金融緩和を匂わせているため、来週の日銀金融政策決定会合まではこの材料を追いかける形となるので下値は底堅そうです。

ただ、トランプ相場でここからロングにするには心理的な抵抗があります。何度か繰り返してきたように現在はリスクオンになっているものの、次はリスクオフの可能性が高く、トランプ大統領のツイート一つで変わる相場で高値つかみは避けたいところです。また、ドル円のショートは今回の上昇でだいぶ切らされポジションが軽くなったため、ここから上に行くにはさらなる燃料投下が必要かもしれません。上値攻略もそう簡単ではなさそうです。

最終更新:9月11日(水)17時02分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ