ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】テックポイント・インク(6697)本国の景気後退懸念払拭で米国本社のハイテク株が存在感を増してくる◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:53%(69勝61敗) パフォーマンス:+85.1
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間9月9日~9月13日

    始値(800円)→終値(783円)

    この予想!自信あり

    【買い】テックポイント・インク(6697)本国の景気後退懸念払拭で米国本社のハイテク株が存在感を増してくる◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    9月6日(金)17時01分みんなの株式
本国の景気後退懸念払拭で米国本社のハイテク株が存在感を増してくる
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:電気機器
時価総額:42億円
PER:  ―倍
PBR: ―倍

 監視カメラ・車載カメラ向け半導体の開発・販売を行っており、米国のシリコンバレーに本社。独自のHDビデオ接続技術を開発するファブレス型の半導体メーカーである。JDRとは日本版預託証券で、基本的には外国株。

 業績面においては、外国株のため決算はドルベースとなり、直近の8/8発表の中間決算では売上高1,219万ドル、営業損益は36.5万ドルの赤字であり、純損益は28.3万ドルの赤字での着地であった。しかしながら、第2Q単独では車載半導体の売上が好調で、売上高は700万ドル、営業利益も34.5万ドルで黒字転換を果たしている。

 株価は中長期的な下落トレンドが続いていたが、足元では反転の動きを見せ始めており7月には一時ストップ高となる場面もみられた。上記の決算発表後は出直り色がさらに強まっており、200日移動平均線を上抜けて徐々に上値指向も強まっている。800円台復帰で足場を固められるようであれば、車載用半導体の需要回復と同社の競争優位性が好感されて強気転換してきそうだ。

最終更新:9月6日(金)17時15分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ