ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【売り】神戸物産(3038)は売りで注目。新高値以降の安値更新

藤崎慎也
藤崎慎也 勝率:46%(178勝201敗) パフォーマンス:-52.2 2
材料とテクニカルを融合した高的中率の銘柄を提案!
フィデリア株式会社、代表取締役兼投資助言者。当人も個人投資家上がりの投資家であり、個人投資家好みの銘柄を選択可能。銘柄の材料性とテクニカルを意識した的中率の高い銘柄選択が人気。短期から長期銘柄まで幅広い視野の銘柄をチョイスし、お届け致します。
予想終了
  • 日本株 予想期間9月2日~9月30日

    始値(5,200円)→終値(5,240円)

    【売り】神戸物産(3038)は売りで注目。新高値以降の安値更新

    9月1日(日)21時08分みんなの株式
現在のチャートは売りサイン
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
神戸物産(3038)は売りで注目としたい。

同社はスーパーのフランチャイズチェーン本部。業務用食材の製造・卸売り・小売、フランチャイズ本部として全国813店舗経営。
フランチャイズも行っていて、業務スーパーのチェーンは全国的に有名。

同社は、好業績で、長期的な上昇が続いている。現在も好業績で2Qは58%の経常利益進捗、来月の3Qに期待が持たれているが、チャート判断からいったん売りをオススメした場面もあった。

チャートを見ると、8/16の出来高伴った大陰線が出現しており、これは売りサインと紹介していた。

その後下落がしばらく続いており、スイング局面では売りサインが続いている。

高値6380円をつけたあと、大きく陰線を引き、その後も下降を続けているところを見ると、中期目線では下降トレンドに入ったと見る。
上昇トレンドが一旦終了しており、売り目線の投資が増え、新高値以降の安値更新で下降トレンド入りしたとみて売り注目としたい。

最終更新:9月1日(日)21時08分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ