ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】トヨタ(7203)今後の値動きは?= ライジングブル藤村

藤村哲也
藤村哲也 勝率:44%(35勝44敗) パフォーマンス:-7.3 2
株による財産形成を誰でも可能に!
ライジングブル投資顧問で代表を務める藤村は中国株、日本株の助言を3万人以上に行ってきた実績を持ち,株による資産形成をサポート。オールアバウト株担当ガイド。元UFJつばさ証券で部長代理をつとめ、現在ライジングブル投資顧問で代表取締役を務める。
予想終了
  • 日本株 予想期間9月2日~9月30日

    始値(6,967円)→終値(7,216円)

    この予想!自信あり

    【買い】トヨタ(7203)今後の値動きは?= ライジングブル藤村

    9月1日(日)9時26分みんなの株式
ディーリング銘柄として注目
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
9月27日(金)追記分

9月の始値は6967円。9月27日(金)は7340円。

自動車関税撤廃は協議継続。

数%の値動きですが、大きなロットでの短期小幅鞘取りにお薦め。ただ上値追いは避けることが賢明。
=====
8月30日(金)の株価は6960円。

「トピックス」

自動車関税問題は先送りされました。日本の要求している撤廃の合意が出来るかどうか、輸出の自主規制問題はどうなるかなどが、9月のトヨタ株の株価を大きく左右しそうです。

「株価判断」

短期ディーリング銘柄として注目。

信用の取り組みは買い残151万株、売り残131万株。一時期は260万株まで買い残があったものの、整理が進んで取り組みは好転してきています。

「指標判断」

PER9倍。配当利回りは前期並みとして3%。8月2日(金)に第一四半期の決算発表。3%増収8%増益。

「ディーリング判断」

直近では、7月高値7244円から6700円まで売られ、利益確定売りに押されましたが再度浮上してきています。

短期鞘取りと割り切れば、押し目で買って、吹いたら売るのであれば、有効か?

短期であっても、高値を追うのではなく、安いところを狙うことがおすすめ。

押し目狙いの小幅鞘取り狙い。

「予想株価レンジ」

9月ののトヨタ株の株価予想レンジは6600円から7400円を想定したい。

出来れば、6800円台の押し目を買い、噴いたら売るような短期売買を想定したい。

自動車対米交渉が控えているため、左右される展開になるのではないでしょうか?

寄りが高いようなら押し目を待ちたい。

投資格差が拡大している今の相場状況、資金効率を考えトヨタ株は短期ディーリング銘柄として注目したい。

ロスカットも利益確定も早めに行いたい。

「投資方針」

短期トレーディングと割り切り、利益確定もロスカットも早めに行うことを心がけたい。

夏期休暇も終了し、今後、棚上げされていた自動車関税の話題も上ってきましょう。短期ディーリングと割り切った参加が賢明か?

上値には大量のしこりがあるため、大きな値幅取りは期待しないで、戻りは売る姿勢、下げれば買い姿勢で望み、保有は長引かせたくない。

資金は短期ディーリング銘柄用と大化け期待銘柄用に分け、戦略もそれに合わせていくことがお薦めです。

短期の鞘取りについて一部誤解している方もいらっしゃるようですので、注意事項として触れておきます.

短期の鞘取りとは1日や1週間で数%の利益を取る(鞘を抜く)ために買って売って、損益を確定していくことを指します。買って売っての鞘が小さく、1%でも2%でも利益は利益です。小幅な鞘取りを目的とした売買です。勿論、ロスカットもこまめにすることが求められます。

短期鞘取りで買うということは、すぐに売るということを前提とした買いです。いわゆるトレーディングの目的です。値動きがあれば対象は幅広くあります。今回の買いは当然このケースに当てはまります。

一方、大きな値幅取りとは20%や50%、2倍3倍などの大きな利益を確定していくことを指します。

こちらの買いは保有を前提とした買いです。厳選して今買うべき対象を厳密に選ぶ必要があります。そうでないと、保有すればするほど下がる銘柄と上がる銘柄どっちを保有するかによりどんどん格差が生じてしまうからです。

実際、2019年前半も大きな格差が生じています。

両者は売買の仕方も、銘柄も、保有期間も、売買の頻度も、大きく異なりますので、この二つは区別することが重要です。

資金も銘柄も分けることがお薦めです。

最終更新:9月27日(金)12時10分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

この銘柄の他の予想

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ