ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】JMS(7702)4月以来の200日線回復、節目意識で売り買い交錯も強気相場は継続◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:51%(65勝61敗) パフォーマンス:+58.7
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想中
  • 日本株 予想期間9月2日~9月30日

    始値(607円)→現在値(652円)

    この予想!自信あり

    【買い】JMS(7702)4月以来の200日線回復、節目意識で売り買い交錯も強気相場は継続◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    8月30日(金)15時20分みんなの株式
4月以来の200日線回復、節目意識で売り買い交錯も強気相場は継続
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:精密機器
時価総額:150億円
PER:10.62倍
PBR: 0.46倍

 使い捨て医療器具大手であり、輸液・栄養領域、透析領域、外科治療領域、血液・細胞領域の各種における製品展開を行い、とくに輸液セットや血液バッグの販売に強みを持つ。シンガポールはじめ海外市場を積極開拓し海外売上高比率はおよそ3割強。

 業績面では8/7に第1Q決算を発表し、売上高は前年同期比で減少がみられたものの原価率の改善などから利益面は大きく上振れて着地。法人税負担がかさんで純利益は圧縮されたが、利益率が大幅に改善したことは今後に向けた期待感を残すところ。

 株価は8月の月間通して売り込まれ、調整には一巡感が出始める。テクニカルは未だ短期的な下落トレンドを示してはいるものの、RSIは売られ過ぎの水準から反転開始。9月の前半は逆張りで下値を拾っておき、自律反発の芽が出てくるところのリバウンドを狙いたい。

(8/30現在)

最終更新:8月30日(金)16時46分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ