ここから本文です

株価予想 掲載終了のお知らせ

株価予想をいつもご利用いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、2020年3月25日をもちまして株価予想の掲載を終了いたします。
ご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

終了に関するご意見、また今後のサービス改善に関するご要望については、以下のフォームへお寄せください。

ご意見・ご要望フォーム

株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ワールドホールディングス(2429)

竹田嘉文
竹田嘉文 勝率:50%(1勝1敗) パフォーマンス:-4.8
低位材料株命
株式会社スリーアイ マネージャー 投資顧問会社勤務を経て現職 材料株や地場の情報収集に注力、新聞や雑誌などマネー誌にも数多く出演。
予想終了
  • 日本株 予想期間8月27日

    始値(1,568円)→終値(1,553円)

    【買い】ワールドホールディングス(2429

    8月27日(火)8時50分みんなの株式
割安感強く、買い優勢か
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
 株価は18年5月から長期下降トレンド。一目均衡表の先行スパン下限や75日移動平均線が上値抵抗となっているものの、8月5日安値1376円が大底として意識されそうなこともやストキャスティクスが低下したこともあり、ここからは出直りが意識されるかもしれません。

 19.12期中間期は、不動産事業の販売時期前倒しが寄与し、各利益大幅増益。20.12期末のたな卸不動産残高は3期ぶり増加を見込むなど、不動産の拡大が鮮明。新中計では、21.12期の売上高1750億円、営業利益80億円、配当性向30%を展望しており、成長期待も高まりそうな状況です。

 スマホ関連などの減産影響を受けたものの、不動産、人材・教育ビジネスなどで吸収し、一部で、採算性が想定を上回っていると評価する見方も浮上。PER7倍割れ、PBR1.2倍、配当利回り4%超と、バリュエーションでの割安感も強く、25日移動平均線を超えてくるようだと、目先は買い優勢の展開が期待できそうです。

最終更新:8月27日(火)8時50分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ