ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】富士ソフトサービスビューロ(6188)短期トレンドが上昇転換で上値余地が拡大◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:52%(68勝62敗) パフォーマンス:+79.1 3
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間8月26日

    始値(362円)→終値(361円)

    【買い】富士ソフトサービスビューロ(6188)短期トレンドが上昇転換で上値余地が拡大◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    8月26日(月)8時17分みんなの株式
短期トレンドが上昇転換で上値余地が拡大
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:情報・通信業
時価総額:49億円
PER:13.59倍
PBR: 2.15倍

 富士ソフト傘下でコールセンターや事務センターなどのBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング:外部委託)受託事業を行っており、金融機関や官公庁をはじめ日本年金機構を取引先に抱える。BPO市場はヒトで不足を背景にしたアウトソーシング需要が高まり、業界における裾野も拡大。

 業績面においては7/31に第1Q決算を発表し、BPOサービス分野における新規案件受注や事務処理業務などが好調で、AI(人工知能)やRPA(業務自動化・機械化)の実践的な活用とワンストップ受託の対応力により引き合いが増えている模様。

 株価は決算内容を好感して8/1に一時ストップ高まで買われるなど、徐々に下値圏からの保ち合いから放れる動きを見せる。短期トレンドが上向きに変わってきたことで、いずれ中長期トレンドも転換して上値抵抗を抜ける期待感がある。直近の高値397円をブレイクするタイミングを逃さないように注視しておきたい。

最終更新:8月26日(月)8時17分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ