ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

そろそろ米株の下落に備える時間帯か?!

比嘉洋
比嘉洋 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
常に個人投資家の皆さんとともに!
マネースクエア シニアコンサルタント
米金利の裁定取引に長く従事。
相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!
  • コラム [外国為替]

    そろそろ米株の下落に備える時間帯か?!

    8月21日(水)14時04分みんなの株式
●長短金利逆転でのポイント
先週から「米長短金利逆転」あるいは「逆イールド」(現在は解消されています)の文字を目にする機会が増えてきました。一般的に長短金利逆転は景気後退の予兆とされています。ITバブル崩壊・リーマンショック時にも見られた現象です。ただ、ここで気をつけなければならないのは、長短金利逆転=すぐに市場が荒れると言うことではないこと。ここから、イールドカーブが立って来るときに要警戒というのが過去のケースから学んだことだと言うこと。そこがこれからの債券市場の注意点であることをまずはお伝えしておきます。
●アナログチャートのその後
98年のNYダウと2019年のNYダウの動き(日足)

98年のNYダウと2019年のNYダウの動き(日足)

私が目先、気にしているのは、前回の当欄でもご紹介したアナログチャート。今年の米株の動きが98年時と類似しているというもの。では、その後の動きは?というと、下記のチャートをご確認ください。依然として98年相場と類似した動きが続いていることを確認できます。そして、本日より注目のイベントがスタートします。まず21~22日:日米閣僚級会議、日本時間23日午後11時にはジャクソンホールでパウエル議長の講演、24~26日フランスでG7が開催されます。とりわけ、市場の関心が高いのは、パウエル議長の講演です。現在の市場は、9月のFOМCで追加の利下げが織り込まれていますが、仮にパウエル議長の講演がタカ派的なものとなった場合、米株は下げに転じることが予想されます。もし下記アナログチャートの形状を今年も辿るならば、米株の下げが大きくなる→リスクオフの動きに繋がる可能性があり、要警戒の時間帯に入ってきていると考えます。過去幾度となくジャクソンホールの講演をきっかけに、相場が崩れたことが脳裏をよぎったのは、私だけでしょうか。

最終更新:8月21日(水)14時06分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ