ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】SCSK(9719)

堀篤
堀篤 勝率:45%(11勝13敗) パフォーマンス:-29.9
証券マン、上場企業役員、投資家、3つの視点が強み
野村證券、上場企業2社(タカラトミー、インデックス)の役員を経て、2007年、日本マネジコを設立。上場企業への投資・ファイナンスアドバイス・証券会社向け研修事業を行う。著書に「YAHOOファイナンス公式ガイドブック」など、証券アナリスト検定会員
予想終了
  • 日本株 予想期間8月19日~8月23日

    始値(4,960円)→終値(5,110円)

    【買い】SCSK(9719

    8月19日(月)8時53分みんなの株式
新たな営業活動に期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
 SCSKは、住友情報システムとCSKが経営統合したSI企業。今年、創立50周年を迎えると共に、中期経営計画の最終年度となっており、様々な面で期待が持てる期となりそうだ。同社は今期、記念配を予定しているほか、様々な分野で新たなサービスの在り方を模索しており、これらの積極的な取り組みが、新たな成長事業を生む可能性がある。
これまでのところ、基本的な方針としては、既存事業をサービス提供型事業へ転換し、モビリティ事業部の新設による車載システム向け事業事業の拡大などを発表している。

 2020年3月期第1四半期決算では、前期比23.7%営業増益となったが、今期予想は前年比6.8%増益としており、今期の業績がこれを上回る可能性は高いと考えられる。
 同社の特徴の一つは、金融機関向けシステムにあるが、同社が提供するマネーロンダリング対策システムなどは需要が堅調に推移している。また、今年4月からは、このシステムに顧客管理システムを包含させ、新たな営業活動を始めている。さらに、これらの需要取り込みに加え、AI、車載システムを新たな成長分野として注力している。

株価は、第1四半期決算の発表後、材料出尽くしの感があり、5500円近辺から4700円処まで調整したが、8月6日の安値4735円から一度反発し、その後8月15日には再度同値の4735円まで下落した。株価はその日のうちに大きく戻し、8月16日には4960円で終わっている。第1四半期発表後、比較的大きく調整し、かつ、同値で2番底を形成したことなどから、株価は反発に入る可能性が高いと見る。

最終更新:8月19日(月)8時53分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ