ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】野村金連動<1328>岡安商事㈱玉川博一

玉川博一
玉川博一 勝率:64%(9勝5敗) パフォーマンス:+19.4 2
勝って奢らず、負けてひるまず
TOCOM認定石油アナリスト。関学卒業後、三井物産Fにて商品市場のマーケット分析に従事。ディーリング経験後、平成20年より岡安商事㈱上席アナリスト。現在岡安商事㈱法人部課長。サッカー3級審判員、JFA公認D級指導者。
予想終了
  • 日本株 予想期間8月19日~8月23日

    引き分け

    【買い】野村金連動<1328>岡安商事㈱玉川博一

    8月16日(金)21時52分みんなの株式
金は買い材料には事欠かない、踏み上げ祭りが続く
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
中央銀行など公的機関の金購入四半期推移

中央銀行など公的機関の金購入四半期推移

◇注目理由
TOCOM金先物が8月2週目に5000円/gをブレイク、8/14はトランプの中国への追加関税一部を延期するとの報で瞬間値を消す場面もあったが、8/16には5194円まで高値更新。堅調地合いが続いている。しかし、本格上昇はまだまだこれからだ。米中貿易摩擦に伴う世界経済の先行き不安などを背景に安全資産として逃避マネーの流入が続いてることや世界的な金融緩和政策、利下げ傾向が金相場を押し上げ、さらに香港国際空港の一時閉鎖やアルゼンチン・イタリアの政局不安の高まりなども金相場を押し上げる。

◇TOCOM金のカテゴリー別取り組み(8/14現在)
当業者、ファンドなどは買い越しだが、値頃で売っている一般投資家は1万7439枚の大幅な売り越し(売り5万2319枚、買い3万4880枚)となっている。今後損失覚悟の買い戻しが余儀なくされる場面でさらなる大幅高=踏み上げ祭りが期待できそうだ。

◇旺盛な中央銀行の買い意欲
2019.2Qの中央銀行など公的機関の金購入は224.4トンと前年同期比+47%増となっている。特にロシア、中国中銀が買いまくっている。ちなみに中銀の中では、米国FRBは金を約8000トン保有し、世界一の保有量である。金が上がって一番儲かるのは米国かもしれないね。トランプは原油が上がれば文句を言うが、金が上がっても文句は言わない。
米長期金利低下が、金を押し上げる
NY金価格と米長期金利

NY金価格と米長期金利

◇英米長期金利の低下、長短逆転現象
英米の国債市場で2年債と10年債の利回りが逆転し、景気後退に対する懸念が強まっています。米10年債利回りは1.53%まで低下し、2016年以来の低水準となった。米長期金利の低下は金利を生まない金にとっては追い風である。基本的に逆相関の動きである。7月に10年ぶりの利下げに踏み切ったFRBの利下げも年内あと何回かありそうなので金が買われやすい状況は当分続くものと思われる。

最終更新:8月16日(金)21時52分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ