ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【売り】三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)直近軟調傾向にお盆の間は調整続くか?=フェアトレード田村祐一

田村祐一
田村祐一 勝率:45%(100勝118敗) パフォーマンス:-55.9
統計データに基づく有力銘柄の選定
フェアトレード(株)所属。統計データを重視したシステムトレードとファンダメンタルを組み合わせて銘柄分析を行う。株価を大きく動かすイベントに合わせて銘柄を売買する「イベント投資」にも注力。
予想終了
  • 日本株 予想期間8月13日~8月16日

    始値(504.1円)→終値(498.8円)

    この予想!自信あり

    【売り】三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)直近軟調傾向にお盆の間は調整続くか?=フェアトレード田村祐一

    8月12日(月)7時52分みんなの株式
8月第2週の注目銘柄
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
■注目理由
 決算発表後に上昇もその後急落。背景に相場全体の下落がありますが、その後の回復は下落前の水準に戻らず、お盆の間は軟調に推移と判断します。

■事業概要
 国内最大の金融グループです。傘下には銀行、信託、証券、カードなど多数。海外事業の拡大が進んでいます。時価総額約6兆9,678億29百万円。 PBR約0.4倍。

■足もとの業績
 直近7月31日発表の2020年3月期第1四半期決算では、経常収益1兆8034億33百万円(前年同期比+9.9%)、四半期純利益3910億67百万円(同+24.1%)となっています。

■テクニカル分析
 下降する75日移動平均を直近25日移動平均線が上抜けしています。しかし、その後に急落したことで再度下抜けする可能性も出てきています。8月に入っての大きな下落で現在はリバウンド局面となり、回復している銘柄もある中、同社株価は下落したままの水準です。市場参入者も少なくなることから、慎重なスタンスで臨むべきと判断します。

■システムトレード分析
 システムトレードの検証では、同社株の8月第2週の勝率が38.8%(7勝11敗0分)となっており、8月の第2週は株価が下がりやすい傾向が見られます。8月の序盤に注目したい銘柄です。

最終更新:8月12日(月)7時52分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ