ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】京セラ(6971)

竹田嘉文
竹田嘉文 勝率:50%(9勝9敗) パフォーマンス:+6.5 2
低位材料株命
株式会社スリーアイ マネージャー 投資顧問会社勤務を経て現職 材料株や地場の情報収集に注力、新聞や雑誌などマネー誌にも数多く出演。
予想終了
  • 日本株 予想期間8月5日

    始値(6,609円)→終値(6,591円)

    【買い】京セラ(6971

    8月5日(月)8時44分みんなの株式
株価リバウンド間近か
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
 金曜日引け後に19.3期1Q決算を発表。売上高は前年同期比0.7%減の3849.37億円、営業利益は同39%減の226.29億円となり、営業利益は市場コンセンサスの265億円を約39億円下振れ。内訳をみると、創立60周年行事関連費用55億円や、セラミックPKGの上海子会社解散費用25億円が計上されており、これらを除けば、実質的にコンセンサスを上回っていると解釈しても良さそうです。

 産業・自動車用部品向けが伸び悩み、SPE向けの今期回復は難しいと伝わっているものの、MLCCが好調で、プリンターは為替影響を除けば安定しているなど、業容が弱含んでいないことも好材料。

 直近の株価は軟調なものの、週足一目均衡表の基準線が下値サポートとして機能しそうなことや、ストキャスティクスやRSIが低位にあること、信用倍率0.55倍(信用売り残28.09万株・買い残15.46万株)となっていることから、買戻しの可能性も高いとみて、株価はリバウンド入りが近いと予想します。

最終更新:8月5日(月)8時45分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ