ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

対中関税第4弾で市場が不安定化する中、米7月雇用統計発表へ=外為どっとコム総研 神田卓也

神田卓也
神田卓也 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
広範な知識と精緻な分析が光るマーケットの匠
株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 証券株式会社を経て、1991年㈱メイタン・トラディション入社。インターバンク市場にて、為替・資金・デリバティブ等の取引業務を担当し、国際金融市場に対する造詣を深める。2009年同社入社。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間8月3日

    対中関税第4弾で市場が不安定化する中、米7月雇用統計発表へ=外為どっとコム総研 神田卓也

    8月2日(金)16時45分みんなの株式
対中関税第4弾で市場が不安定化する中、米7月雇用統計発表へ
【基調】
 波乱含み

【注目イベント】
 ・8/2 米7月雇用統計
 ・米長期金利、主要国株価
 
【本文】
ドル/円は、本日の東京市場で106.85円前後まで下落して6月安値(106.78円前後)に迫った。これを下抜けると節目の105.00円が視界に入ってくるだけに、NY市場で発表される米7月雇用統計の結果が注目されよう。主な項目の市場予想は、非農業部門雇用者数16.5万人増、失業率3.6%、平均時給は前月比+0.2%、前年比+3.1%、労働参加率62.9%などとなっている。

トランプ米大統領の対中関税第4弾発表を受けて、世界景気の減速懸念と米連邦準備制度理事会(FRB)の9月追加利下げ観測が広がる中、雇用統計が弱い内容となった場合はドル/円の下押し圧力が高まる可能性がある。

また本日は、雇用統計の結果を受けた米国債と米株式の反応にも注目しておきたい。仮に、雇用統計が良好ならドル/円は反発する公算だが、米債利回りが上昇すれば(9月利下げ観測が後退すれば)、株価続落に繋がり、ドル/円の上値を抑える事も考えられる。

米中貿易戦争の再燃で金融市場全体が不安定化しているため、米雇用統計の結果が思わぬ相場変動を誘発しかねない点には注意を要する。

最終更新:8月2日(金)16時45分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ