ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

“無風通過”の前評判は覆った…!? - 米雇用統計

武市佳史
武市佳史 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
初心者には分かり易く上級者も納得のFXアナリスト
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間8月3日

    “無風通過”の前評判は覆った…!? - 米雇用統計

    8月2日(金)10時42分みんなの株式
◆「トランプ大統領発言」で急落…
※ご注意:予想期間は8月3日と表示されていますが、本日(8月2日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


まさか、このタイミングで跳び出すとは…。

「過度な利下げ観測」はさらに巻き戻され、ドル円は“109.315円”へ上値を伸ばす場面が見られました。
しかしながら「弱めの米経済指標(ISM製造業景気指数は2016年8月以来の51.2に低下)」、さらには「『対中関税第4弾発動』を示唆するトランプ大統領発言」が、流れを一変させました。

「米議会の夏季休暇入り直前(上院開催は本日2日まで、下院はすでに夏季休暇中)」のタイミングで跳び出した「対中関税発言」は、まさに“サプライズ”といえます。
このためマーケットは“パニック”を起こし、米10年国債利回りは“急低下(2.05%⇒1.87%)”、NYダウも“続落(△280ドル)”する中、ドル円は一気に“107.200円”へと突き落とされました。
◆基本は「パニックの波及具合」と「米中絡みの続報」だが…?
こうした中、本日は米雇用統計が行われます。
FOMC直後ということもあり、一部では“無風通過”も囁かれていましたが、こういう展開になると“注目せずにはおれない”といった展開が想定されるところです。
なぜならFOMCを経て“年2回:70%超”へと巻き戻されていた「年内利下げ観測」が、現時点では再び“年2回:25.5%/年3回:48.2%/年4回以上:23.1%”と戻ってしまっているからです。
このため米雇用統計の結果次第では、再び“巻き戻される”あるいは“さらに進行する”といった可能性が否めないことになります。

本日の基本となるのは「パニックの波及具合」と「米中絡みの続報(報復の有無)」ということになりますが、「米雇用統計で揺れ動く」もいつも以上に警戒しておきたいところです。
事前予想は「非農業部門雇用者数(NFP:+16.4万人)/失業率(3.7%)/平均時給(前月比:+0.2%/前年同月比:+3.1%)」ですので、まずはここからの“乖離具合”を注目しながら…。
◆ドル円 抵抗・支持ライン
上値5:108.372(8/1高値後の61.8%押し)
上値4:108.232(50/20日移動平均線)
上値3:108.036(日足・一目均衡表先行スパン下限/転換線/基準線、週足・一目均衡表転換線、8/1高値後の50%押し、大台)
上値2:107.790(8/1高値後の38.2%押し)
上値1:107.640(-1σ)
前営業日終値:107.372
下値1:107.207(7/18-19安値、8/1安値)
下値2:107.093(6/26安値-2σ)
下値3:107.000(大台)
下値4:106.774(6/25安値、1/3安値後の押し目)
下値5:106.670(1/3~4/24の76.4%押し※、ピボット1stサポート)

10:58 ドル円 抵抗・支持ライン追加

最終更新:8月2日(金)10時58分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ