ここから本文です

株価予想 掲載終了のお知らせ

株価予想をいつもご利用いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、2020年3月25日をもちまして株価予想の掲載を終了いたします。
ご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

終了に関するご意見、また今後のサービス改善に関するご要望については、以下のフォームへお寄せください。

ご意見・ご要望フォーム

株価予想トップ > 予想一覧 > 

米FOMCの結果判明、年内の利下げはあと1回?

西田明弘
西田明弘 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
予想は当たらない。が、予想しない相場は面白くない
マネースクエア チーフエコノミスト、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。
証券会社、米シンクタンク、FX会社にてリサーチ一筋30余年。ファンダメンタルズ分析を得意とする。
  • コラム [外国為替]

    米FOMCの結果判明、年内の利下げはあと1回?

    8月1日(木)10時47分みんなの株式
まとめ
【評価】今後の状況次第で利下げ観測が再度高まれば米ドル安要因
【ポイント1】FOMCは追加利下げにコミットせず
【ポイント2】市場のシナリオは「年内あと2回」から「年内あと1回」に変化
【ポイント3】NYダウは一時500ドル近く下落
【ポイント4】シカゴPMIの急低下は懸念すべき材料か
FOMCの結果と市場の反応
7月31日の米FOMCは0.25%の利下げを決定しました。FFレート目標水準(政策金利)は2.25-2.50%から2.00-2.25%になりました。

FOMCの決定を受けて、米ドル円は上昇しました。利下げ幅が一部で期待された0.50%ではなかったことに加えて、パウエル議長が記者会見で「(利下げは)サイクル中盤の政策調整である」、「長期の連続利下げの始まりではない」と語ったことが大きかったようです。ただ、その後に議長が「利下げは1回だけか、継続するか、現時点ではコミットしない」と述べたことや米株安を受けて、やや米ドル安円高方向で推移しました。

反応が大きかったのは米株です。NYダウは議長の記者会見を受けて一時500ドル近く下落、やや戻したものの333ドル安で引けました。

長期金利(10年物国債利回り)は議長会見を受けて2.07%まで上昇しましたが、株安も手伝って前日比0.04%低下の2.01%となりました。
市場のメインシナリオは、「年内利下げはあと1回」
パウエル議長の記者会見後、FFレート先物に基づけば、市場が織り込む確率は、次回9月FOMCでの利下げが64.2%、12月FOMCでの追加利下げが47.4%です。したがって、市場のメインシナリオは「年内の利下げはあと1回」です。わずかな変化ですが、追加利下げは今年12月から来年1月に先送りされた格好です。

もっとも、先行きが不透明ななかで、中央銀行が継続的な利下げにコミットしないのは当然のことでしょう。景気は顕著に悪化しているわけでなく、今回の利下げは「予防的」「保険的」との位置付けです。

ただ、31日に発表された7月のシカゴ連銀製造業景況指数(シカゴPMI)は前月の49.7から44.4に急低下しました。7月の水準は2015年12月(42.1)を除けばリーマンショック以来の低さです。シカゴPMIは明日1日発表のISM製造業景況指数(全国PMI)の先行指標でもあり、明日のISM指数が大きく低下するようであれば、市場の景況感は一段と悪化する可能性があります。6月の対中国関税引き上げやその後の通商協議の不透明感の悪影響がこれから本格化するかもしれません。
その他の注目ポイント
声明文では「必要であれば行動する」との文言は前回同様なので、追加利下げの可能性が否定されたわけではありません。

今回の決定で、メンバーの票決は8対2でした。ジョージ総裁(カンザスシティ)とローゼングレン総裁(ボストン)が政策金利の据え置きを主張して反対票を投じました。

償還された保有国債の再投資を停止すること、いわゆるQT(量的引き締め)を予定より2カ月早く8月に終了することを決定しました。

最終更新:8月1日(木)10時47分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ