ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】石川製作所(6208)夏場は地政学リスク高まる、中東・東アジア情勢に視線◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:52%(68勝62敗) パフォーマンス:+79.1 3
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間8月1日~8月30日

    始値(1,430円)→終値(1,446円)

    【買い】石川製作所(6208)夏場は地政学リスク高まる、中東・東アジア情勢に視線◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    7月31日(水)15時54分みんなの株式
夏場は地政学リスク高まる、中東・東アジア情勢に視線
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:機械
時価総額:90.4億円
PER:75.63倍
PBR: 2.64倍

 段ボール製函印刷機が主力で繊維機械を縮小する一方で防衛機器を拡大している。段ボールでトップシェアを誇るレンゴーが筆頭株主となっている。

 業績面においては8/9に第1Q決算発表を控えており、今期は前期落ち込んだ反動から増収増益が見込まれるが、4-6月期の実績においては黒字転換できるかどうかが焦点となる。どちらかと言えば業績よりも米国・イランの対立やホルムズ海峡沖をめぐる地政学リスクの高まりといった点が注目されやすい。

 株価は原油価格やバルチック海運指数の高まりなどにみられるイラン情勢に敏感に反応しやすいとみられ、今夏の米国とイランの軍事衝突を懸念した資金が向かいやすい。万が一、両国の対立が激化してホルムズ海峡沖の封鎖やトランプ政権が選挙対策でイスラエルと対立するイランを叩く動きを加速させるのであれば、動意づくきっかけとなりそうだ。

(7/31現在)

最終更新:7月31日(水)15時54分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ