ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】モスフードサービス(8153)決算を機に市場の見方が転換か、売り方の踏み上げ誘う動き期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:52%(68勝62敗) パフォーマンス:+79.1 3
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間8月1日~8月30日

    始値(2,425円)→終値(2,341円)

    【買い】モスフードサービス(8153)決算を機に市場の見方が転換か、売り方の踏み上げ誘う動き期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    7月31日(水)15時53分みんなの株式
決算を機に市場の見方が転換か、売り方の踏み上げ誘う動き期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:卸売業
時価総額:771億円
PER:75.09倍
PBR: 1.65倍

ファストフードの大手でFC中心に「モスバーガー」を展開。海外はアジア・オセアニア地域において積極展開。商品開発力に定評があり、最近では夏本番を迎えてモス史上最強の辛さを誇る「黒いデス辛ソース」を期間限定販売することを発表した。

 業績面においては前期の大きな落ち込みから徐々に立ち直りを見せており、今期は増収増益で利益面における回復を急ぐ。食中毒を起こして棄損したブランドの回復を図りつつ、不採算店舗の撤退を続ける中で利益率の改善がどこまで実現するかが鍵を握る。そうした観点からは次回8/9に控える第1Q決算の立ち上がりは、とりわけ重要な意味合いを持つものと考えられる。

 株価はここにきて反発基調を強めてきており、チャート上では75日移動平均線の2450円付近を突破。信用倍率は0.70倍と好需給で、第1Q決算の内容次第では売り方の買い戻しを誘発するとみられる。また、テクニカルにおいても一目均衡表で雲抜けすれば三役好転が示現することとなり、モスバーガーファンでなくとも復活を期待する投資家の視線が集まってきそうだ。

(7/31現在)

最終更新:7月31日(水)15時53分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ