ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

8月相場の特徴

比嘉洋
比嘉洋 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
常に個人投資家の皆さんとともに!
マネースクエア シニアコンサルタント
米金利の裁定取引に長く従事。
相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!
  • コラム [外国為替]

    8月相場の特徴

    7月24日(水)12時18分みんなの株式
オセアニア通貨だけでは無かった
前回の当欄で8月はオセアニア通貨が売られやすいとの傾向について触れました。気になったので、その他の通貨ペア、商品についても調べてみたところ、決してオセアニア通貨だけでは無かったことが分かりましたので、まずはお伝えさせていただきます。日米の株式はいずれも過去10年、4勝6敗(勝:陽線 敗:陰線)、米10年債についても同様。通貨ペアで見ると、ドル円の5勝5敗以外の主要通貨ペア(オセアニア通貨は除く)は軒並み3勝7敗という結果でした。つまり、8月は相場が荒れやすい月であると言うことになります。現在、米株は史上最高値近辺での推移が続いており、この動きがカギを握ることになりそうです。そのカギを握るのは、来週予定されているFOMCということになるのかもしれません。
ECBは利下げ?
ユーロドル(日足)

ユーロドル(日足)

明日、ECB理事会が開催されます。そこで根強い緩和期待がありそうです。市場のコンセンサスは政策金利「据え置き」となっていますが、市場の一部では利下げを50%程度プロダクツ価格に織り込んでいる状況であり、声明やドラギ総裁記者会見での強力な緩和維持発言以上のものを求めているとの声も聞かれます。仮に利下げが実施された場合には→ユーロ下落・欧州債券利回り低下→クロス円下落→米国債利回り低下→ドル円も下落という構図も想定されるだけに、明日のECB理事会の結果が気になるところです。ユーロドルはこれまで戻り売りのスタンスでしたが、明日の結果次第では作戦を練り直すことになるかもしれません。

最終更新:7月24日(水)12時18分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ