ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】宮越ホールディングス(6620)前回決算の出直りの動きそのままに上値を試す展開か◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:52%(64勝59敗) パフォーマンス:+78.1 2
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間7月22日~7月26日

    始値(953円)→終値(966円)

    【買い】宮越ホールディングス(6620)前回決算の出直りの動きそのままに上値を試す展開か◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    7月19日(金)16時26分みんなの株式
前回決算の出直りの動きそのままに上値を試す展開か
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:電気機器
時価総額:381億円
PER:56.05倍
PBR: 1.82倍

 祖業は電子部品製造だが、業態変更の紆余曲折があって現在は中国での不動産賃貸が主力事業。家電の海外販売も撤退。外資入り乱れる深センの再開発に期待。

 業績面においては次回の第1Q決算発表を8/9に予定し、今期の増収増益計画を占うにあたり重要な位置づけとなる。前回5月の決算発表後は売り叩かれているだけに、挽回を期したいところ。中国内における経済の停滞リスクも懸念されるところではあるものの、現保有物件はフル稼働で収益率の改善も業績を下支えするだろう。

 株価は5月の決算発表後の売り浴びせが一巡して6月から徐々に上昇基調をたどる。足元では25日移動平均線にサポートされるかたちで着実に堅実に下値を切り上げてきており、先週末は大陽線で一気に一目均衡表の雲を突破。三役好転が示現して今週は上値を試す一週間となりそうだ。200日移動平均線を超えて株価が1000円台に乗せてくるようだと面白い。

最終更新:7月19日(金)16時26分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ