ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

FOMCメンバーハト派発言で、ドル円107円台前半。

遠藤寿保
遠藤寿保 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
FX エバンジェリストがマーケットを読む
98年日本初のFX事業開始から、Web広告やセミナー運営、リスク管理啓蒙などFX業務全般に携わる。数多くの一般投資家と接しながら、現在、YJFX!にてFXエバンジェリストとして情報配信・FXコラム執筆・セミナー活動等を行っている。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間7月20日

    FOMCメンバーハト派発言で、ドル円107円台前半。

    7月19日(金)9時41分みんなの株式
マーケットコンディション
昨日のドル円は、107.92円で始まると、東京時間、日経平均や上海総合指数などの下落を受け、107.64円まで下落。ロンドン時間、107.70円前後で小動き。NY時間、7月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数が予想5.0に対し21.8と上振れると108.01円まで反発。しかし、6月米景気先行指標総合指数が予想を下振れ失速。その後、ウィリアムズ米NY連銀総裁が「積極的に予防的なアプローチをとるほうが良い」、クラリダFRB副議長が「不確実性は増しており、早期に動く必要がある」と発言すると、米長期金利が低下し、ドル円は107.21円まで下落。「米軍が中東ホルムズ海峡でイラン無人機を撃墜した」とのニュースも重石になった。
FOMCメンバーハト派発言で、ドル円107円台前半。
昨日は、東京時間から下攻めとなった。107円台は維持したものの、今月末のFOMCでの米国利下げ観測や中東の地政学リスクを考えると、106円台となってもおかしくない。
買い方としては、7/10に109円台を突破できなかったことで、苦しい展開。
テクニカル的には、6/25の安値106.77円・106.60円(104.83円-112.39円の76.4%)・106.38円(114.54円-104.83円-112.39円からの下値拡張61.8%)が計測できる。いったんは、106円台が出ないと収まらないのではないか。

最終更新:7月19日(金)9時41分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ