ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ダイキン工業(6367)短期的な調整をこなしながら14000円付近の値固めに◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:51%(64勝60敗) パフォーマンス:+72.3
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間7月17日

    始値(14,100円)→終値(14,285円)

    この予想!自信あり

    【買い】ダイキン工業(6367)短期的な調整をこなしながら14000円付近の値固めに◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    7月17日(水)8時17分みんなの株式
短期的な調整をこなしながら14000円付近の値固めに
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:機械
時価総額:4119億円
PER:20.97倍
PBR: 2.90倍

 エアコンは世界トップクラスで、業務用では国内で圧倒的なシェアを有する。海外もM&Aを駆使して海外売上高比率は76%に達する。エアコンだけでなく冷凍・冷蔵機器やフッソ化学事業や油圧機器製品なども展開。BRICsをはじめ新興国でも存在感を示す。

 業績面においては5/9に決算発表を行い、前期は7期連続最高益での着地でさらに配当も増額。売上高営業利益率も伸びており、事業環境は好調を継続。直近では現状の浮動株比率が3.1%にまで低下していることをふまえて、投資単位の引下げに関する考えを発表。流動性向上のために株式分割を行う可能性もありそうだ。

 株価は5月の決算発表前後や6月初旬に調整色を強める場面がみられたが、全体が地合い難の中でも大崩れすることなく底堅い推移を見せている。さすがに足元では以前の高値水準であった14000円付近まで調整してきたが、このラインは底堅いとみる。外国人投資家の保有割合も高く、国内外の機関投資家からの注目を浴びている企業と言える。

11:10追記 東海東京証券、クレディスイスともに、同社の目標株価を引き上げている。本日は25日線がサポートラインとなるか注目。

最終更新:7月17日(水)11時09分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ