ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

期待感はあるが、「見極めるまで動かない」がセオリー…!?

武市佳史
武市佳史 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
初心者には分かり易く上級者も納得のFXアナリスト
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間6月29日

    期待感はあるが、「見極めるまで動かない」がセオリー…!?

    6月28日(金)11時03分みんなの株式
◆楽観論増幅で上値伸ばすも、押し戻される…
※ご注意:予想期間は6月29日と表示されていますが、本日(6月28日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


「米中が貿易戦争停戦で暫定合意(サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙)」
新たに跳び出したこのポジティブ要因を機に、「米中首脳会談への楽観論」は増幅しました。
“巻き戻し”は継続となり、欧州タイム序盤には“108.161円”へ上値を伸ばす場面を見せました。

しかし“反発”もそこまで…。
 「承知していない(中国外務省)」
 「首脳会議前に何も合意されていない(クドロー米NEC委員長)」
これら発言にて増幅していた「楽観論」は萎み、緩やかに“元居た前日終値(107.779円)水準”へと押し戻されていきました。
◆“全面合意”は期待薄…? - 米中首脳会談
こうした中、いよいよ「大一番(G20/米中首脳会談等)」を迎えます。
「米中首脳会談」に関しては“様々な思惑”が渦巻いていますが、「知的財産権等では溝が残ったまま」と見るのが自然であることを考えれば、“全面合意”は期待薄といえます。
“一部合意”や“交渉継続する旨の合意”が「どのように捉えられるか?」を考えれば、“様子見ムード”は強まり、“積極的なポジション形成”は手控えられると見られます。
◆後は“結果次第”ということになるが…!?
「107円割れ/108円超の滞空時間(約6時間/約4時間)」を考えれば、107円台は“居心地のいい水準”といえます。
これを脱却するほどの材料(ポジティブorネガティブ)は跳び出すのか…?

後は“結果次第”ということになりますが、はっきりするまでは“動かない(動けない)”と見ざるを得ないところです。
“上方向”を期待し、“下方向”を警戒しながら…。
◆ドル円 抵抗・支持ライン
注:普段よりも記載するラインを拡大しています。

109.620(5/31高値、4/24~6/25の50%戻し、週足・一目均衡表先行スパン下限)
109.455(50日移動平均線)
109.335(週足・一目均衡表転換線)
109.000(大台、+2σ)
108.922(4/24~6/25の38.2%戻し)
108.798(6/11高値、6/17高値、週足・一目均衡表基準線)
上値5:108.614(6/19高値、ピボットハイブレイクアウト)
上値4:108.535(+1σ)
上値3:108.366(月足・一目均衡表先行スパン下限、日足・一目均衡表基準線、ピボット2ndレジスタンス)
上値2:108.161(6/27高値)
上値1:108.000(大台、20日移動平均線、6/27高値後の61.8%戻し、ピボット1stレジスタンス)
前営業日終値:107.778(日足・一目均衡表転換線)
下値1:107.648(6/27安値、6/25~6/27の38.2%押し水準)
下値2:107.595(-1σ、ピボット1stサポート)
下値3:107.468(6/25~6/27の50%押し)
下値4:107.304(6/25~6/27の61.8%押し、ピボット2ndサポート)
下値5:107.093(6/26安値、-2σ、ピボットローブレイクアウト)
107.000(大台)
106.774(6/25安値、1/3安値後の押し目)
106.670(1/3~4/24の76.4%押し※)
106.000(大台)

※ユーロ円やユーロドルなど、他の通貨ペアの抵抗・支持ラインは〔一週間の為替市場を分析!マーケット・チェックWebセミナー〕にて公開中。

12:15 ドル円 抵抗・支持ライン追加

最終更新:6月28日(金)12時15分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ