ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】カオナビ(4435)

堀篤
堀篤 勝率:48%(12勝13敗) パフォーマンス:+1.9
証券マン、上場企業役員、投資家、3つの視点が強み
野村證券、上場企業2社(タカラトミー、インデックス)の役員を経て、2007年、日本マネジコを設立。上場企業への投資・ファイナンスアドバイス・証券会社向け研修事業を行う。著書に「YAHOOファイナンス公式ガイドブック」など、証券アナリスト検定会員
予想終了
  • 日本株 予想期間6月24日~6月28日

    始値(7,400円)→終値(6,950円)

    【買い】カオナビ(4435

    6月24日(月)8時50分みんなの株式
中期的な増収増益率が非常に高い銘柄の一つ
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
今年3月にマザーズへ上場した新規上場企業。
企業の人事情報を、クラウドを使い、効果的な活用手法を提供する、HRテック新興企業。いわゆるクラウドアウトソーシング企業の一つだが、従来のクラウド事業のように、作業を効率化し、コストを下げる、という在り方とは違い、HR関連としてより積極的な企業成長に寄与するところが、差別化の要因となっている。
 2019年3月期は、売上16億90百万円、営業利益△73百万円だったが、トップラインは急成長を遂げそうだ。今期会社側予想は、売上25億40百万円、売上総利益18億円と、なっている。同社は、人材・マーケティング等のコストを期中に積極化させる可能性を考慮しているようで、営業利益以下の数値を公表していない。前期の販売管理費は11億81百万円だが、今期、人材増員、マーケッティング積極化などのコストを大きく増加させるだろう。とはいえ、18億円の売上総利益があれば、実質黒字化は間違いなく、経営戦略を間違えなければ、中期的な増収増益率が非常に高い銘柄の一つとなる可能性は十分にある。
 株価の7450円(6月21日)はバリュエーションとしては決して割安ではないものの、人事・労務は、外国人受け入れなどの問題も絡み、今後の注目度はさらに高まることを考えれば、同社の中期成長率は、まだ過小評価されているかもしれない。
 株価は5月の9390円から、一旦7000円割れまで調整し、その後反発していたが、再び調整する動きとなっており、7000円から8500円のボックス圏へ収斂する可能性を示唆している。先週末は、一度7170円まで下落しており、うまくいけば、そこが底値となり、8000円台への戻りを試すだろう。

最終更新:6月24日(月)8時50分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ