ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

マーケットとの温度差が露呈する…!?

武市佳史
武市佳史 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
初心者には分かり易く上級者も納得のFXアナリスト
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間6月20日

    マーケットとの温度差が露呈する…!?

    6月19日(水)11時01分みんなの株式
◆一転して“下値追い”も、“巻き戻される”…
※ご注意:予想期間は6月20日と表示されていますが、本日(6月19日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


“買い戻し不発”の影響もあり、昨日は“下値追い”が緩やかに進行しました。
そして「欧金融緩和観測」を背景にした“ユーロ円下落”、「新潟で発生した地震」から派生する“リスク回避⇒円買い”もあり、NYタイム序盤には“108.060円”へ下落する場面も見られました。

しかし“下値追い”もここまで…。
その後は「米中懸念緩和(米中首脳会談の開催を合意)」を背景に、急速に“巻き戻され”ていきました。
「パウエルFRB議長解任を模索」報道から再び“押し下げ”られる場面もありましたが、結局は元居た“108円半ば水準”にて発表の日を迎えています。
◆動意づくか?否か?は“発表次第”…?
“FOMC待ちムード(様子見)”は続いていますので、動意づくか?否か?は“発表次第”ということになりそうです。
そしてポイントとなるのは
 「政策金利(利下げの有無)」
 「ドットチャート(前回見られなかった利下げ見通しの浸透具合)」
 「声明(「忍耐強く」の取り扱い)」
 「パウエル議長の記者会見(ハト派への傾斜具合)」
の4つですが、金利先物から見た「政策金利」の織り込み度は“わずか20%強”に留まっています。
利下げならば“ネガティブサプライズ”ですが、普通に考えれば“据え置き(利下げ見送り)”でしょうから、実際のポイントは3つということになります。
◆ただ“溜め込んだ変動エネルギー”を吐き出す可能性は十分…!?
これまでマーケットは“前のめり気味”に利下げを織り込んできましたので、“据え置き”のみでも買い戻される可能性はあると考えますが、
その上“3回利下げまでは見ていない”“「忍耐強く」が残る”“思ったほどハト派に寄らない”のどれか一つでもあると…?

“溜め込んだ変動エネルギー”を吐き出す可能性は十分…。
“決め打ち”は禁物ですが、本日は「マーケットとの温度差が露呈するリスク」を中心に、神経質なマーケットと対峙したいところです。
◆ドル円 抵抗・支持ライン
上値5:109.243(5/21~6/5の50%戻し、日足・一目均衡表基準線)
上値4:109.119(5/30~6/5の61.8%戻し)
上値3:109.000(大台、ピボット2ndレジスタンス)
上値2:108.906(5/21~6/5の38.2%戻し、5/30~6/5の50%戻し)
上値1:108.798(6/11高値、6/17-18高値、20日移動平均線、ピボット1stレジスタンス)
前営業日終値:108.428(月足・一目均衡表先行スパン下限)
下値1:108.339(日足・一目均衡表転換線)
下値2:108.169(-1σ、ピボット1stサポート)
下値3:108.060(6/18安値、6/7~6/11の76.4%押し水準、大台)
下値4:107.880(6/7安値)
下値5:107.771(1/10安値、6/5安値、1/3~4/24の61.8%押し※、ピボット2ndサポート)

注:1/3安値をReuters/Bloomberg安値の104.90円水準で設定

※ユーロ円やユーロドルなど、他の通貨ペアの抵抗・支持ラインは〔一週間の為替市場を分析!マーケット・チェックWebセミナー〕にて公開中。

12:13 ドル円 抵抗・支持ライン追加

最終更新:6月19日(水)12時14分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ