ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

今週の米ドル/円予想 7月に米国は利下げするのか?(6/17週)

山口哲也
山口哲也 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
為替、株価指数のチャート分析で大人気!!
株式会社フジトミ 国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト
金融機関でアナリストとして経験を積んだのち株式会社フジトミ入社。幅広い手法を網羅した緻密な分析とわかりやすい解説が好評。日経CNBC・東京MXテレビ等メディア出演多数。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間6月18日

    今週の米ドル/円予想 7月に米国は利下げするのか?(6/17週)

    6月17日(月)11時21分みんなの株式
【先週のドル/円の動向と今週の主要イベント】
今週の主要経済指標

今週の主要経済指標

先週の米ドル/円は小幅上昇。週初108.495で寄り付いた米ドル/円は、米国の対メキシコ政策関税の停止を好感して底堅く推移しましたが、米中問題や香港の大規模デモなどを嫌気しアジア株が下落。週間ベースでの取引所上場通貨では、メキシコペソ、南アランドに次いで、米ドルと日本円がその他の主要通貨に対し買われる展開となりました。ただし、米ドル/円自体の値動きは108円50銭の上下30銭強で終値が108.550となるため、それほど大きく動いているといった状況ではありません。

今週は18-19日にFOMCがあり日本時間20日の午前3時に政策金利が発表されます。これまでの米株式は利下げ期待の高まりによるところも多く、今回のFOMCでの利下げはないとみられるものの、「金利見通し(ドット・プロット)」が前回からどのように変化してくるのかが最大の注目点となります。
なお、CMEのFedwatchを確認すると利下げ確率が85.9%(6/17現在)となっており、マーケットは7月の利下げを織り込んでいますが、これまでFedが金融政策を変更してきたタイミングは、3月・6月・9月・12月のFOMC(声明文・会見・金利見通し・物価・経済見通しなど全て揃っているFOMC)ですので、個人的には7月の利下げには懐疑的です。

また、20日には日銀金融政策決定会合がありますが、金融政策の変更はないと考えられます。そのため、黒田総裁の会見に注目しています。

その他、今週は主要国のCPIなども多く発表され、18日にはイギリスの第2回投票、来週のG20に向けて引き続き米中動向からも目が離せません。
【米ドル/円(TFX)週足 チャート】
【米ドル/円(TFX)週足 チャート】

【米ドル/円(TFX)週足 チャート】

米ドル/円の週足チャートです。
先週お伝えしたほぼ同水準での推移となりました。
移動平均線は上から順に52週MA(111.129)、13週MA(110.265)、26週MA(110.129)となっており、それぞれやや下向きとなっているため、今後も上値の重い展開が続きそうです。ストキャスティクスは、売られすぎ水準から反発気味ですが、相場の反転というよりも、スピード調整との意味合いが強いものと考えています。
目先のレジスタンスは109円前後、サポートは108円と考え、戻り売りで見ています。
【米ドル/円(TFX)日足 チャート】
【米ドル/円(TFX)日足 チャート】

【米ドル/円(TFX)日足 チャート】

米ドル/円の日足チャートです。
ストキャスティクスが緩やかに上昇していますが、一目の雲が陰転して下向き、基準線も下向きで推移していることから、下降トレンドにおけるレクタングル(横ばいの保ち合い相場)と考えています。
米国については利下げ期待が高まっていますが、失業率が3.6%と過去最低水準で物価も2%を超えてはいないものの、前年比2%弱となる中、中銀の独立性を考えれば、7月の利下げは懐疑的で、今週のFOMCで利下げ期待が剥落した場合には、株価が弱含むことでリスクオフの円買いに注意が必要です。

このコメントは弊社チーフテクニカルアナリスト山口の個人的な見解で、内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもありません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

最終更新:6月17日(月)11時21分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ