ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】日本ユニシス(8056)

堀篤
堀篤 勝率:46%(12勝14敗) パフォーマンス:+4.5 4
証券マン、上場企業役員、投資家、3つの視点が強み
野村證券、上場企業2社(タカラトミー、インデックス)の役員を経て、2007年、日本マネジコを設立。上場企業への投資・ファイナンスアドバイス・証券会社向け研修事業を行う。著書に「YAHOOファイナンス公式ガイドブック」など、証券アナリスト検定会員
予想終了
  • 日本株 予想期間6月17日~6月21日

    始値(3,690円)→終値(3,715円)

    【買い】日本ユニシス(8056

    6月17日(月)8時37分みんなの株式
近時需要が高まるドライブレコーダーサービスにも期待が高い
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
日本ユニシスの株価が動き出した。
大日本印刷が18.9%を保有するSI企業で、特に金融関連のシステムに強く、決済のアウトソーシング事業が好調な企業。
同社を巡る材料は豊富で、いわゆるキャッシュレス関連の中心銘柄の一つとして投資家に評価される一方、レンタカーシステムの受注でシェアリングエコノミー関連としても注目されている。また、近時需要が高まるドライブレコーダーサービスにも期待が高まる。
しかし、今回株価が動意づいているのは、13日の日経新聞で、同社が非FIT非化石電源に係る認定業務を開始した、という別の材料によるものだ。これは、経済産業省が、小売電気事業者に対し、2030年までに、非化石電源を44%以上とする、というエネルギー供給構造高度化法の実現のため、その認定を同社が行い、証書を発行するというものだ。
同社のSI技術を基にしたビジネス展開が、多くの社会需要を捉えていることには、驚くべきだろう。

 同社業績は前3月期には26.3%増益の206億22百万円で、今期予想は11.5%増益の223億円とされている。株価は先週末に新高値を抜いたばかり。ここ数年間、恒常的に上昇している数少ない銘柄のひとつだ。しかし、その安定した成長性にも関わらずまだPERは23.3倍と、過度な高値感は無い。短期的に急上昇すれば短期売買の対象だが、それほどでなければ、中期的な保有に十分値する企業だろう。

最終更新:6月17日(月)8時37分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ