ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】倉元製作所(5216)ファンダメンタルの不安を押し退けて急騰、材料発表とともに反騰に期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:54%(65勝54敗) パフォーマンス:+89.4
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間6月3日~6月28日

    始値(116円)→終値(109円)

    【買い】倉元製作所(5216)ファンダメンタルの不安を押し退けて急騰、材料発表とともに反騰に期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    5月31日(金)17時07分みんなの株式
ファンダメンタルの不安を押し退けて急騰、材料発表とともに反騰に期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:ガラス・土石
時価総額:19.53億円
PER:0.00倍
PBR:0.00倍

 液晶用中小型ガラス基板加工に特化し、技術力には定評がある。産業用の自動化・省力化機械なども手掛けており、業容の拡大で経営立て直しを図っている。

 業績面においては今期予想を未定とする中、5/15に第1Q決算を発表。連結子会社である倉元マシナリー及びKMCへの貸付債権を譲渡し、貸倒引当金戻入益を計上して最終黒字で着地。現在は自己資本がマイナス転落して債務超過に陥り、上場基準に抵触する危険性を孕む。

 株価は決算発表後になんとか黒字浮上で債務超過を解消、上場廃止懸念の後退を背景として安値70円から高値234円まで一気に急騰。先月は全体相場が軟調の中で一際目立つ急騰劇を演じた。株価は上昇幅のおよそ70%を消失するも、5日移動平均線をめぐる攻防で上抜け後の反騰にも期待感を残す。手がかりとなる追加材料の発表で上場維持不安の解消とともに再び200日移動平均線の160円を突破してくることに期待。

(5/31現在)

最終更新:5月31日(金)17時07分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ