ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ソフトバンクG(9984)今後の値動きは?= ライジングブル藤村

藤村哲也
藤村哲也 勝率:41%(40勝56敗) パフォーマンス:-197.4
株による財産形成を誰でも可能に!
ライジングブル投資顧問で代表を務める藤村は中国株、日本株の助言を3万人以上に行ってきた実績を持ち,株による資産形成をサポート。オールアバウト株担当ガイド。元UFJつばさ証券で部長代理をつとめ、現在ライジングブル投資顧問で代表取締役を務める。
予想終了
  • 日本株 予想期間6月3日~6月28日

    始値(4,971.5円)→終値(5,165円)

    この予想!自信あり

    【買い】ソフトバンクG(9984)今後の値動きは?= ライジングブル藤村

    5月30日(木)20時20分みんなの株式
6月のディーリング銘柄として注目
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
6/21 追記分

6/21は10640円まで上昇後、全体相場にもつられ、10250円で今週は引けました。

6/14 追記分

6月の始値は9843円で始まり、一時9500円割れまで売られたものの、そこから反発して、6/11は10205円に浮上。6/13・14は10000円を意識する展開で1万円前後の狭いレンジで推移。

5月31日(金)の終値は10250円。

2019年3月期の決算を発表すると共に、分割を発表。6月27日の株主に対して2分割で行われます。

又、5/10にウーバーが上場。期待が外れて、売り出し価格を下回る結果となりましたが、Tモバイルとスプリントとの合併は進展するなど強弱材料が混在しており、引き続きソフトバンクは幾度もディーリングの機会がありそうです。

売買代金は一時期の1日1500億円近辺から直近では368億円とかなり沈静化しています。引き続き値動きは活発な状態が続いています。

取り組みは少し悪化しておりますが、6月は分割もあり、小幅な鞘取りのチャンスはありましょう。

6月は9500円から12000円のレンジを想定したい。分割後の株価で言うと、4750円から6000円というゾーンを想定したい。

引き続き、高値追いでなく突っ込み狙い。
11000円を超えてくると再度上値を意識する展開となることが予想されるため、10000円近辺を出来れば狙いたい。

ただ、ロスカットや利食い売りはこまめに行うことが重要。

高値警戒感からロスカットは明確にした取り組みで、臨機応変な売買に対応できるディーリング経験の豊富な中上級者向き。

短期数%の小幅な鞘取りを想定。

1.3倍、1.5倍などの大きな値幅取りとは戦略も資金も分けることがお薦め。

資金は短期ディーリング銘柄用と大化け期待銘柄用に分け、戦略もそれに合わせていくことがお薦めです。

短期の鞘取りについて一部誤解している方もいらっしゃるようですので、注意事項として触れておきます.

短期の鞘取りとは1日や1週間で数%の利益を取る(鞘を抜く)ために買って売って、損益を確定していくことを指します。買って売っての鞘が小さく、1%でも2%でも利益は利益です。小幅な鞘取りを目的とした売買です。勿論、ロスカットもこまめにすることが求められます。

短期鞘取りで買うということは、すぐに売るということを前提とした買いです。いわゆるトレーディングの目的です。値動きがあれば対象は幅広くあります。今回の買いは当然このケースに当てはまります。

一方、大きな値幅取りとは20%や50%、2倍3倍などの大きな利益を確定していくことを指します。

こちらの買いは保有を前提とした買いです。厳選して今買うべき対象を厳密に選ぶ必要があります。そうでないと、保有すればするほど下がる銘柄と上がる銘柄どっちを保有するかによりどんどん格差が生じてしまうからです。

実際、2019年前半も大きな格差が生じています。

両者は売買の仕方も、銘柄も、保有期間も、売買の頻度も、大きく異なりますので、この二つは区別することが重要です。

資金も銘柄も分けることがお薦めです。

最終更新:6月21日(金)20時00分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

この銘柄の他の予想

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ