ここから本文です

株価予想 掲載終了のお知らせ

株価予想をいつもご利用いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、2020年3月25日をもちまして株価予想の掲載を終了いたします。
ご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

終了に関するご意見、また今後のサービス改善に関するご要望については、以下のフォームへお寄せください。

ご意見・ご要望フォーム

株価予想トップ > 予想一覧 > 

ドル円は下値模索か

井口 喜雄
井口 喜雄 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
わかりやすい説明に定評あり、現役実力派ディーラー
1998年よりディーリング業務に携わり、2009年からみんなのFXに在籍。ドル円や欧州通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。認定テクニカルアナリスト
予想終了
  • 米国ドル 予想期間5月30日

    ドル円は下値模索か

    5月29日(水)14時30分みんなの株式
ドル円は下値模索か
■リスクオフの再燃
今週はこれといったイベントこそありませんが、米中貿易摩擦やイタリア財政問題、ブレグジットなど不透明要素が多く神経質な展開です。米中貿易は中国が「レアアースの対米輸出を制限することを真剣に検討している」と中国国営紙が伝えるなど米中貿易摩擦激化懸念が再燃しています。さらには新たにイタリア財政問題が浮上したほか、ブレグジットも次期首相が決まるまでは政局になるうえ、ブレグジット党が第一党へ躍進したことで「合意なき離脱」の可能性が高まっています。

■ドル円は下値模索か
このように世界的なリスクオフ相場となるため、ドル円はどうしても下目線になります。ターゲットは5月13日の安値109.02円で、ここをブレイクできればストップロスを巻き込んで108円ミドルまでは行けそうです。とはいえ下値攻略も簡単ではありません。109.00円には大きめのオプションが控えているほか、機関投資家も109円前半では丁寧に押し目を拾っていく方針のようです。ショートのプレイヤーは突っ込みすぎてカウンターをもらわないよう慎重さは求められます。ただし、ここからドル円が大きく上昇するシナリオは描きにくく、上がったところで売り場探しというスタンスで臨みたいと思います。

最終更新:5月29日(水)14時30分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ