ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】コロワイド(7616)日米貿易交渉は農産品と牛肉に焦点、米国産牛肉買いで思惑膨らむか◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:46%(67勝76敗) パフォーマンス:-55.0
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間5月27日

    始値(2,090円)→終値(2,103円)

    【買い】コロワイド(7616)日米貿易交渉は農産品と牛肉に焦点、米国産牛肉買いで思惑膨らむか◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    5月27日(月)8時41分みんなの株式
日米貿易交渉は農産品と牛肉に焦点、米国産牛肉買いで思惑膨らむか
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:小売業
時価総額:1567.41億円
PER:96.38倍
PBR: 5.45倍

 外食産業の中堅で焼肉チェーンの『牛角』や『しゃぶしゃぶ温野菜』を運営するレインズインターナショナルをはじめ、『かっぱ寿司』で広域展開するカッパ・クリエイトなどを傘下に持つ。その他、居酒屋チェーンをはじめ幅広い外食ブランドを展開しており、出店も加速。

 業績面においては5/9に決算発表を行い、今期は経常+90%超、純利益2.6倍の大幅増益の計画を発表。足元では17日に「飛躍2019-中期経営計画(2019-2021)」を発表しており、海外出店を軸にしたグローバル外食産業へと成長していくことを標榜。M&Aを積極化させて非連続的な成長ドライバーを強化していく。

 株価は上記の決算発表前後で大きく売られ水準を落としたが、足元では徐々に回復傾向。主軸のブランド展開と海外事業の拡大で株価底入れ期待が高まる。テクニカルでは週足ボリンジャーバンドで-3σ接近後に反発。直近の日米貿易交渉においては、対中国で農産物の輸出が減退しかねない米国にとっては日本との交渉で農産物および米国産牛肉の輸出額増加を求められるだろうとの観測が出ている。貿易促進から輸入関税が引き下げられれば、コスト低減による業績寄与も期待できそうだ。

11:25追記 大きな動きではないが、着実に下値を切り上げている。後場に25MA上抜けなるか注目。

最終更新:5月27日(月)11時25分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ