ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】フジミインコーポレーテッド(5384)半導体過剰在庫の解消で徐々に回復し需要増へ、世界トップシェアの高成長期待株◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:46%(67勝76敗) パフォーマンス:-55.0
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間5月27日~5月31日

    始値(2,030円)→終値(2,049円)

    【買い】フジミインコーポレーテッド(5384)半導体過剰在庫の解消で徐々に回復し需要増へ、世界トップシェアの高成長期待株◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    5月24日(金)19時52分みんなの株式
半導体過剰在庫の解消で徐々に回復し需要増へ、世界トップシェアの高成長期待株
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:ガラス・土石製品
時価総額:583.46億円
PER:13.91倍
PBR: 0.99倍

 半導体ウエハー用研磨剤で世界トップシェアを誇り、半導体チップの多層配線に必要なCMP(化学的機械的平坦化)製品の伸長が成長基盤となっている。デバイスの超微細化に欠かせない研磨技術は、5G革命によるIoT社会の実現で爆発的な増加が見込まれる半導体需要に応えるものとして必要とされる企業。

 業績面においては、売上増に応じて利益幅の拡大も鮮明になってきており、成長速度が加速している。シリコンウェハー向け製品だけでなく最先端メモリデバイス向けのCMP製品の販売が好調、ハードディスク向け製品における減収を補い増収増益基調を維持。今期はやや減速見込みである一方、保守的な会社計画で年後半に向かって市況が改善していくようであれば、上方修正も期待できるようになるだろう。

 株価は年初から緩やかに上昇基調を辿っていたが、決算発表を機に急落。週足ベースでも仕切り直しを余儀なくされたと言えるが、需給の整理が完了次第、値を戻していくと予想。足元では2000円台の値固めが進んでいくとみられ、今週は一旦の戻りを試す展開に期待したい。

最終更新:5月24日(金)19時52分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ