ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】デンソー(6902)年初来安値まで売り込まれたバリュー株の魅力、米中問題の幕引きを期待し相場転換に投資妙味◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:43%(62勝79敗) パフォーマンス:-58.6 2
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間5月27日~5月31日

    始値(4,267円)→終値(4,202円)

    【買い】デンソー(6902)年初来安値まで売り込まれたバリュー株の魅力、米中問題の幕引きを期待し相場転換に投資妙味◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    5月24日(金)19時50分みんなの株式
年初来安値まで売り込まれたバリュー株の魅力、米中問題の幕引きを期待し相場転換に投資妙味
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:輸送用機器
時価総額:33724.04億円
PER:10.87倍
PBR: 0.92倍

 自動車部品の国内最大手で、世界的には独ボッシュに次ぐ2位を誇る。トヨタ自動車グループで、エンジンから電子機器機に至るまで広範囲にわたる車載機器をカバーしている。冷却技術を活かした産業機器、カーエアコンなどにも強みを持つ。売上高比率は海外が60%を占め、以前よりも増加傾向にある。

 業績面は4/26に決算発表しており、前期実績が20%超の減益となり落ち込んだ一方で、今期は20%超の増益計画で売上高は増加基調を維持する。先行投資や品質費用の引当て等もあり、欧州地域以外が増収減益であったが、車両生産以外の分野で予防安全製品や電動化製品などを拡販して成長を維持する。

 株価は足元で年初来安値の水準まで売り込まれた一方、先週末の引け味は悪くない。4月の株価推移からは急転直下と言える下落に見舞われたが、来年4月にはトヨタが自社内でかかえている電子部品事業を移管する予定であるほか、自動車部品業界をめぐる再編の動きも活発化しており、今後より注目を集めやすくなることだろう。

最終更新:5月24日(金)19時50分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ