ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】2437:Shinwa Wise Holdings

伊東聡
伊東聡 勝率:35%(14勝25敗) パフォーマンス:-63.6
場立ち上がりの元ベテラン株式ディーラー
現物株の株式ディーラーとして数々の武勇伝を持つ腰の据わった元ディーラー。
現在は(株)G&Dアドヴァイザーズにて、投資アドヴァイザーとして助言やコラム配信を行う。
予想終了
  • 日本株 予想期間5月27日~5月31日

    始値(359円)→終値(379円)

    【買い】2437:Shinwa Wise Holdings

    5月24日(金)17時31分みんなの株式
チャート妙味アリ。
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
同社グループは金融及び経済コンテンツのオンライン配信に強いフィスコグループと業務提携。

同社とフィスコグループは、既にフィスコ仮想通貨取引所への資本参加や、次なるブロックチェーンプラットフォーム構築に向けて業務提携契約を締結しているが、今回の提携により、美術品オークションが主力事業である同社グループと金融及び経済コンテンツのオンライン配信に強いフィスコグループの強みを持ち寄り、更なる事業シナジーを創出するところに狙いがある。

これにより、同社は高額品市場に関する情報の拡散、オークションの知名度向上、並びに参加者の増加などを図りつつ、レジストアートの収益獲得機会を増やすことにつなげることが可能となり、フィスコはオンライン配信コンテンツの強化及び拡充を図ることができることになる。

直近に発表された19年5月期第3四半期累計の連結経常損益は、赤字幅が縮小。

オークション関連その他事業については、当期間は大型案件の成約があり、前年同期比較で、取扱高、売上高は共に約130%増と大幅に増加した。

また、マイクロファイナンス事業においても、当初赤字を予想していたところであったが、黒字での着地が見えてきたようであり、この分野での今後の収益貢献に期待は大きい。

テクニカル面においては、しばらく240円~290円辺りのレンジ相場が続いていたが、レンジを上放れてからは高値追いの展開が継続し、底打ち感も鮮明となり上昇トレンドに転じている。

過去に相場が繰り広げられた際は業績が反映されたものではなかったが、今回は業績が伴う相場になるとするとポテンシャルは非常に高く、短期での急騰も考えられるため、トレンド転換が行われたこのタイミングは狙い目であると考える。

最終更新:5月24日(金)17時31分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ