ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

ここから先は「一筋縄ではいかない」…? - それでも「にわか上値期待」が台頭していない間は…!?

武市佳史
武市佳史 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
初心者には分かり易く上級者も納得のFXアナリスト
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間5月23日

    ここから先は「一筋縄ではいかない」…? - それでも「にわか上値期待」が台頭していない間は…!?

    5月22日(水)11時03分みんなの株式
◆リスク回避後退も、“上値追い”盛り上がらず…
※ご注意:予想期間は5月23日と表示されていますが、本日(5月22日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


『ファーウェイに対する制裁の一部に猶予期間』
この報道を背景に、昨日も“株高・債券安(金利高)”が進行しました。
「リスク選好+金利選好」の両面から円は売られやすく、NYタイム中盤には“4/24~5/13の50%戻し(110.710円)”の手前へと上値を伸ばしています。

もっとも「期間は3ヶ月/対象は既存の保守/更新のみ」といった状況を考えれば、「(リスク選好の)賞味期間は短い」と見るのが自然です。
このため“上値追い”はそれほど盛り上がっておらず、“上値が重い”といった状況はまったく変わっておりません。
◆しかし「にわか上値期待」はほとんど台頭していない…?
「根強い米中懸念」を考えれば、「イメージは下方向」が続きがちであるのは否めないところです。
しかしこのため「(ポジションは)ドル売り・円買いに傾斜しがち」になりやすいのも事実であり、この影響にて最も警戒すべき「にわか上値期待」もほとんど台頭しておりません。
こうした状況での危険(リスク)は、やはり「下よりも上」…?

“昨日高値(前記50%戻し水準)”から上は“100週移動平均線(本日は110.788円)”“日足・一目均衡表先行スパン下限(同110.860円)”、
そして50日移動平均線とほぼ重なる“心理的節目(111円ライン)”が控えていますので、「一筋縄ではいかない」かもしれません。
その上「ヘッドラインで振り回される(揺れ動く)」が変わっていないとあっては、「安易な上値追いは危険」であることも否めないところがあります。
それでも「にわか上値期待」が台頭していない以上は、引き続き「大きくは下がらない」「リスクは下よりも上」と見て、神経質なマーケットと対峙したいところです。
いつ飛び出すかわからない「ヘッドライン」を警戒しながら…。
◆ドル円 抵抗・支持ライン
上値5:111.000(大台、5/6高値、50日移動平均線、ピボット2ndレジスタンス)
上値4:110.851(5/7高値、日足・一目均衡表先行スパン下限)
上値3:110.788(100週移動平均線、20月移動平均線、ピボット1stレジスタンス)
上値2:110.710(4/24~5/13の50%戻し、5/3~5/13の61.8%戻し、5/21高値、日足・一目均衡表基準線、週足・一目均衡表転換線、月足・一目均衡表先行スパン上限)
上値1:110.612(20週移動平均線)
前営業日終値:110.475(100/20日移動平均線)
下値1:110.365(5/21欧州タイム安値〈押し目〉後の50%押し)
下値2:110.294(5/21欧州タイム安値〈押し目〉後の61.8%押し)
下値3:110.207(5/21欧州タイム安値〈押し目〉後の76.4%押し)
下値4:110.107(ピボット1stサポート)
下値5:110.020(5/21安値、5/13~5/21の38.2%押し、大台)

※ユーロ円やユーロドルなど、他の通貨ペアの抵抗・支持ラインは〔一週間の為替市場を分析!マーケット・チェックWebセミナー〕にて公開中。

11:16 ドル円 抵抗・支持ライン追加

最終更新:5月22日(水)11時16分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ