ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

5月13日~17日の株式市場の見通し

木村佳子
木村佳子 勝率:100%(1勝0敗) パフォーマンス:+1.7
元祖・日本で初めての女性株式評論家
個人投資家向け経済情報、資産運用に強いエコノミスト。日本IRプランナーズ協会/理事長、日本チャート分析家協会JCAA、(社)くらしとしごと生活者フォーラム代表。CFP、一級FP技能士(国家資格)早稲田大学大学院フアイナンス研究科卒(専門職MBA)
  • コラム [株式]

    5月13日~17日の株式市場の見通し

    5月13日(月)4時17分みんなの株式
過剰な心配こそが命取り 経済的合理性に基ずいたクールな投資を
「日経平均株価はどこまで下がりますか!!!」と専門家に緊急電話をかけたくなるような心理状態の時が人間、一番損しやすくなります。
ちょっと株価が値下がりしただけで、「リーマンショック級の下げが来るのでは?」と過大に反応してしまうわけです。
恐怖は三段仕掛けの裏切り構造になって「株式版おれおれ詐欺」のようになっていますから、恐怖感がマックスになるのを客観視できる訓練をしておきたいですね。

まず、今回は
①10連休明け、令和に元号が変わって初めて迎える相場という期待感がありました→期待感の裏切りで安くなった。
②米中貿易交渉が続き、トランプ大統領は事前には盛んに「うまくいっている」発言をしていました→一転、厳しい交渉姿勢になり、予想に反して関税引き上げを即断。中国の姿勢も譲歩なしのような印象で雲行きが怪しくなった。→不安感の素地形成
③北朝鮮が飛翔体を打ち上げた→トランプ大統領との2度の会談でロケットマン卒業かと思いきや、また、戻ってしまった。次こそ、もっと飛ばすんじゃないかと不安を掻き立てられ始めた。

この恐怖の構造三段仕掛け・裏切り構造で投資家の気持ちがざわめき始めたところに、とどめの一発的な恐怖ニュースが出て、相場がV字に急落することがあるわけですが、

それを待ち構えていて買う巨額資金を運用する投資家がいることを思えば、
そうはやすやすと引っかかってはいけない、というのが私の考え方です。

第一、日経平均の5月10日のPBRは1.08。
BPSは19783.61円です。

十分割安感がありますから、前から欲しかった株を仕込むには格好の買い場だという認識でクールに時事ニュースと付き合いたいですね。

最終更新:5月13日(月)4時17分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ