ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

株価急落で、これからどう動くの?【2019/05/13-2019/050/17】

横山利香
横山利香 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
チャートと四季報を愛用する有望成長株狙いが得意
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)、FP。会社四季報オンライン、株探、About「株式戦略マル秘レポート」などで投資連載。野球児の母で弁当作りに悪戦苦闘中。
予想終了
  • 日経平均 予想期間5月13日

    株価急落で、これからどう動くの?【2019/05/13-2019/050/17】

    5月12日(日)8時04分みんなの株式
逆張り戦略のリバウンド狙いで
日経平均株価は5月10日金曜日、2万1,344.92円で取引を終えました。
前回「強い展開でスタートする可能性もあるが、いったんの天井打ちも考えておきたい」と解説しました。
株価は外部環境の悪化で急落し、目標株価の範囲を下回って取引を終えました。

米国の株式市場はトランプ大統領の発言で急落した週でした。
ドル円相場は円が買われた週でした。

気になるのは、日経平均株価の今後の動きです。

株価チャートを分析する限りでは、高値圏で上値が重くなっていたところに10連休が重なりました。そして、連休明けの変化日に合わせて株価は急落しました。
米国が中国に対して関税引き上げを示唆したことに端を発したわけですが、12月末からの上昇トレンドはいったんトレンド転換した可能性も考えられます。
目標上値は2万1,900円、下値は2万0,800円、それぞれプラスマイナス150円とします。
足元は窓を空けて下落し、短期の下降トレンドが継続しています。トレンドフォロー戦略では、逆張り戦略の短期売買で、リバウンド上昇狙いでよいでしょう。
底打ちが確認できたわけではありませんし、10連休でポジションが軽い人も多いでしょうから、ポジションをこまめに回転させてるのがいいかもしれません。
決算発表もピークを迎えています。次なる相場の波に備えて、決算内容の確認を行うといいでしょう。

最終更新:5月12日(日)8時04分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ