ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】細谷火工(4274)東アジアの政治・地政学リスクの高まりで物色意欲再燃◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:44%(65勝81敗) パフォーマンス:-53.4
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間5月13日~5月17日

    始値(994円)→終値(1,010円)

    【買い】細谷火工(4274)東アジアの政治・地政学リスクの高まりで物色意欲再燃◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    5月10日(金)15時57分みんなの株式
東アジアの政治・地政学リスクの高まりで物色意欲再燃
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:化学
時価総額:39.47億円
PER:29.05倍
PBR:1.65倍

 自衛隊向け照明弾・発煙筒の大手で火工品では中堅に位置する。民間向けにエアバッグ用火薬なども手掛ける。国防予算増加で受注拡大と民間需要の増加に期待感。

 業績面においては5/10に決算発表を行い、前期は増収でさらに大幅増益での着地となった。一方で今期はやや落ち込むものの前期に続く高水準を維持する見通しで、国防だけでなく防災分野における需要を確保するものと思われる。

 株価は2017年より防衛関連として石川製作所と並んで関連銘柄の筆頭格となっており、企業のファンダメンタルに拠らず株価が動く特徴を有している。足元で再び北朝鮮のミサイル発射が注目を集めており、市場全体の地合い悪化に伴って物色が賑わう可能性がある。北朝鮮をめぐる政治の動きも慌ただしくなっており、米中貿易摩擦の陰で地政学リスクが再燃していることにも目を向けておきたい。

最終更新:5月10日(金)15時57分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ