ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】FFRI(3692)経産省のサイバーセキュリティ絡みのリリース増加、テーマ物色再燃は時間の問題◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:46%(65勝76敗) パフォーマンス:-63.7
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間5月7日~5月31日

    始値(3,240円)→終値(4,305円)

    【買い】FFRI(3692)経産省のサイバーセキュリティ絡みのリリース増加、テーマ物色再燃は時間の問題◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    4月26日(金)16時48分みんなの株式
経産省のサイバーセキュリティ絡みのリリース増加、テーマ物色再燃は時間の問題
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:情報・通信業
時価総額:264.12億円
PER:139.00倍
PBR: 22.34倍

 独立系でインターネット上の標的型攻撃等のサイバーセキュリティ対策製品を手掛ける。政府機関や大手企業を中心に採用実績多数で契約ライセンス数は75万超にのぼる。技術力に定評があり、昨年11月にはNTTコミュニケーションズと高度セキュリティ人材を育成する新会社を設立すると発表。

 業績面では下期偏重ながら3月に今期の業績は若干下方修正している。理由は北米の子会社におけるセキュリティ・プロダクト販売の低迷が挙げられているが、国内では堅実なライセンス増加と野心的なサイバー攻撃対策の実証実験を進めるとともにサービス機能の強化に取り組んでいる。競争環境が激化する中、海外におけるOEM提携の進展に期待がかかる。

 株価は3月の下方修正発表以後、悪材料出尽くし期待で上値を試したものの、3500円付近の壁に遮られて下値確認の動きとなっている。足元では経済産業省からブロックチェーン技術の適用、医療×ICTの臨床モニタリングに同技術の活用推進、さらにサプライチェーンのサイバーセキュリティに関するリリースなどが相次ぎ、関心が高まっている。6月のG20サミット開催にむけてサイバーセキュリティ強化の議論も活発化すると睨んでおり、テーマ物色が再燃することに期待している。

(4/26現在)

最終更新:5月7日(火)14時47分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

この銘柄の他の予想

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ