ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】青山財産ネットワークス(8929)相続案件の増加鮮明で需要拡大、成長路線回帰の好業績株に期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:50%(91勝90敗) パフォーマンス:+32.0
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想中
  • 日本株 予想期間5月7日~5月31日

    始値(1,588円)→現在値(1,695円)

    【買い】青山財産ネットワークス(8929)相続案件の増加鮮明で需要拡大、成長路線回帰の好業績株に期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    4月26日(金)15時38分みんなの株式
相続案件の増加鮮明で需要拡大、成長路線回帰の好業績株に期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:サービス業
時価総額:189.86億円
PER:14.59倍
PBR: 4.01倍

 資産家への運用や相続コンサル、事業承継など財産に関するコンサルティングと運用商品組成に強みを持つ。国内の不動産ソリューションだけでなく、海外の不動産投資も含めた分散投資のソリューション提供で、資産構築をサポートする。

 業績面においては主軸の財産コンサルティング収益のほかに不動産取引の収益も業績に寄与し、2018年12月期は大幅な増収増益で着地した。今期はそこからさらに2ケタの増収増益を計画しており、次回5/8の第1Q決算はその試金石となる。また、2月にキャピタル・アセット・プランニングと資本業務提携を締結し、そこに日本M&Aセンターを加えた2社に第三者割当増資を実施。ソリューション拡大で今後さらに増加が見込まれる相続案件の囲い込みに注力する。

 株価は上記材料をはじめ、年初からの上昇で2/7には2030円の高値をつけたが、その後調整を余儀なくされて現在に至る。テクニカルでは一目均衡表の雲下限を推移しており、まもなく遅行スパンが株価を上回ってくるタイミング。先行スパンは雲のねじれ発生で転換期を迎えており、これを機に上抜け出来ると三役好転の可能性が高まる。5月はまず前回定着できなかった200日移動平均線にトライして、しっかりと定着できれば再び上昇トレンドを形成していく可能性がある。

(4/26現在)

最終更新:5月7日(火)14時48分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ