ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】スクウェア・エニックスHD(9684)新作ゲームタイトル好調に加え、決算発表の来期見通しに期待感◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:47%(84勝94敗) パフォーマンス:-19.7
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想中
  • 日本株 予想期間5月7日~5月31日

    始値(3,900円)→現在値(3,550円)

    【買い】スクウェア・エニックスHD(9684)新作ゲームタイトル好調に加え、決算発表の来期見通しに期待感◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    4月26日(金)15時37分みんなの株式
新作ゲームタイトル好調に加え、決算発表の来期見通しに期待感
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:情報・通信業
時価総額:4692.96億円
PER:22.82倍
PBR: 2.35倍

 ゲーム大手で「ドラゴンクエスト」や「FINAL FANTASY」などの人気シリーズタイトルを多数手がけ、コアなファン層を抱えている。かく言う私もこの二大作にはどハマりした世代で同社に期待を寄せる気持ちは投資家のそれと比べても遜色ない。また、コンテンツの多面展開とスマホゲームやソーシャルゲーム、さらにはeスポーツなどにも注力。

 業績面ではデジタルエンタテインメント事業の減益が響いて2019年3月期は前期比で減益は免れない一方、昨年12月に配信開始の「ロマンシング サガ リ・ユニバース」の業績寄与が期待される。足元では新作RPG「ラストイデア」の正式サービス開始もあり、次回の5/13本決算発表では前期よりもむしろ来期の見通しに注目が集まることだろう。

 株価は昨年12月を底に反発基調を強めており、4000円台を窺う動きとなっている。4月に入り弱含む場面もみられたものの、100日移動平均線をサポートに再び上値を試しにきており、次回決算を期待する投資家の見方には変化が無いことを確認。足元では週足ベースでの一目均衡表も三役好転が近づいており、決算内容次第では4500円もしくは5000円手前まで上値を伸ばす可能性も捨てきれない。

(4/26現在)

最終更新:5月7日(火)14時48分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ