ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】日経Dインバ(1357)に注目。麻生氏による円高容認とも取れる発言で、日経平均は下落に注意。

藤崎慎也
藤崎慎也 勝率:51%(158勝150敗) パフォーマンス:-15.4
材料とテクニカルを融合した高的中率の銘柄を提案!
フィデリア株式会社、代表取締役兼投資助言者。当人も個人投資家上がりの投資家であり、個人投資家好みの銘柄を選択可能。銘柄の材料性とテクニカルを意識した的中率の高い銘柄選択が人気。短期から長期銘柄まで幅広い視野の銘柄をチョイスし、お届け致します。
予想終了
  • 日本株 予想期間4月26日

    始値(1,079円)→終値(1,070円)

    【買い】日経Dインバ(1357)に注目。麻生氏による円高容認とも取れる発言で、日経平均は下落に注意。

    4月26日(金)8時51分みんなの株式
日経Dインバ(1357)に注目。麻生氏による円高容認とも取れる発言で、日経平均は下落に注意。
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
麻生氏による円高容認とも取れる発言で、日経平均は下落に注意したい。日経平均が下げたときにあげる日経Dインバ(1357)は買いで注目したい。

連休前の利食いと、ドル売り/円買いポジションが進んでる事から、日経平均は思いのほか大きな下落もあると予想。

短期急落なら2035買い、1552買いも大きな上昇する事になる。

【引用】日米、「為替条項」協議開始で合意
麻生財務大臣とアメリカのムニューシン財務長官が25日、ワシントンで会談し、自国の通貨を意図的に安く誘導することを禁止する「為替条項」について、協議を始めることで合意しました。

「貿易協議に関連した為替の取り扱いについて、私とムニューシン財務長官と議論していくことを確認しております」(麻生太郎 財務相)

麻生財務大臣は会談後、このように述べ、自国の通貨を意図的に安く誘導することを禁止する「為替条項」について、日米で協議を始めることを明らかにしました。

ただ、為替条項が日米の新たな貿易協定に盛り込まれた場合、急激な円高が起きた際の「為替介入」が制限される可能性があるほか、日本銀行の金融政策も制約を受けることになりかねず、日本は今後、難しい協議を迫られることになります。

最終更新:4月26日(金)9時09分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ