ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】東芝(6502)業績回復で復権を誓うエレクトロニクス株◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:47%(84勝94敗) パフォーマンス:-19.7
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想中
  • 日本株 予想期間5月7日~5月31日

    始値(3,685円)→現在値(3,450円)

    この予想!自信あり

    【買い】東芝(6502)業績回復で復権を誓うエレクトロニクス株◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    4月25日(木)17時30分みんなの株式
業績回復で復権を誓うエレクトロニクス株
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:電気機器
時価総額:19992.00億円
PER:2.28倍
PBR:1.23倍

 総合電機大手で不正会計、米国原発事業巨額損失と立て続けに起きた不祥事を機に経営危機に陥り、東証2部に転落。現在は東芝メモリ売却やインフラ事業を軸に再建を図っている。東芝メモリに続いて米国産LNG事業売却が伝わり、依然として成長事業を手放さざるを得ない状況には変わりないものの、立て直しに向けた歩みを進めているとみる。

 市場の信頼が失墜した2015年から紆余曲折ありながら、2019年3月期で業績は底入れと予想。2019年3月期は経常利益で赤字転落予想も、市場の注目は来期に移っているとみられる。インフラ系に次いで、半導体関連の復調が業績寄与することに期待。大株主は外資系に買い占められ、もはや外資系と言える株主構成だが、新たに米キング・ストリート・キャピタルの大株主浮上も注目される。

 株価は年初から下値サポートラインを維持しながら緩やかに上昇トレンドを形成。直近でLNG事業売却のニュースが無ければ、4/4の3820円の高値で上昇ストップすることは無かったと思われ、悪材料を織り込んで4/4高値を抜ければ、いよいよ昨年高値3980円を目指す値動きに変わってくるものと思われる。3600円台を値固めが完了していることから上値余地に期待したい場面と言えよう。

(4/25現在)

最終更新:5月7日(火)14時47分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

この銘柄の他の予想

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ