ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】リコー(7752)画期的な製品リリースで古豪復活、業績底入れで株価も上昇局面へ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:49%(59勝61敗) パフォーマンス:-28.6
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間5月7日~5月31日

    始値(1,113円)→終値(1,054円)

    この予想!自信あり

    【買い】リコー(7752)画期的な製品リリースで古豪復活、業績底入れで株価も上昇局面へ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    4月25日(木)17時22分みんなの株式
画期的な製品リリースで古豪復活、業績底入れで株価も上昇局面へ
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:電気機器
時価総額:8328.11億円
PER:14.80倍
PBR: 0.84倍

 コピー機で国内トップクラス、カラー複合機や商業印刷機などを強みとしている。オフィス、プリント機だけでなくITサービスや社会インフラ、ヘルスケア、FAにちなんだ産業プロダクツなど将来の成長分野を育成し多角的な事業展開を図っている。

 業績面においては、2018年3月期ののれん減損処理による落ち込みからV字回復で底入れ感が出てきている。第3Qまでの累計では計画に対して経常進捗率93.8%に達しており、黒字転換での着地はほぼ確実。回復軌道に乗って来期見通しも良好なものが出されることに期待感。さらに、最近4/4に発売を開始した「RICHO Handy Printer」は非常に革命的で、今後爆発的な需要が発生しても不思議はないとみている。

 株価は上値が重い動きが続き、足元の3年間で800円~1200円のレンジを往ったり来たりの展開となっている。中長期的な横ばいが続いた同社も次回決算発表を機にアク抜け上昇が期待できそう。週足ベースのバンドウォークを続けてきているだけに、現値付近は-2σの1102円を基準とした仕込み好機とみる。

(4/25現在)

最終更新:5月7日(火)14時47分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ