ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

[危険株ニュース] IQ上位2%投資家が警戒する危険株(4月23日版)

中原良太
中原良太 勝率:49%(147勝150敗) パフォーマンス:-2.8
IQ上位2%のベストパフォーマー最年少受賞!
IQ上位2%のメンサ会員。25歳の時、Yahoo!株価予想達人「ベストパフォーマー賞」「通年最高勝率者賞」を最年少受賞。予想累計成績は、2015年+480%、2016年+1024%、2017年+943%、2018年+501%。㈱テラスなどに寄稿
  • コラム [株式]

    [危険株ニュース] IQ上位2%投資家が警戒する危険株(4月23日版)

    4月22日(月)19時03分みんなの株式
今は買わない方が安心?
【第一三共(4568)】
2015年以降、同社株は株価がグイグイ伸びており、5年足らずで株価は2倍以上に跳ね上がりました。これまでの値上がりペースはやや早すぎる印象で、同社株の予想PERは50倍を超え、過熱気味だと考えられます。同社の業績は好調なのですが、株価としては期待されすぎているように感じます。

【武田薬品工業(4502)】
2月に発表した第三四半期決算は減益で着地。直近の業績は伸びなやんでいる様子です。同社株の予想PERは約30倍で、日本株全体と比べると割高感のある水準です。2018年以降は株価下落が目立ちますが、まだ過熱気味だと考えます。

【日本電産(6594)】
2019年に入ってから、同社株はすでに25%以上も値上がりしてきました。これまでの値上がりペースが早い分、じわじわと過熱感が出てきたように感じます。同社株の予想PERは40倍を超えており、すでに日本株平均よりも高い水準。中長期では株価が伸び悩むと考えます。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

最終更新:4月22日(月)19時03分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ