ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

今週の米ドル/円予想 10連休前で動きづらい(4/22週)

山口哲也
山口哲也 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
為替、株価指数のチャート分析で大人気!!
株式会社フジトミ 国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト
金融機関でアナリストとして経験を積んだのち株式会社フジトミ入社。幅広い手法を網羅した緻密な分析とわかりやすい解説が好評。日経CNBC・東京MXテレビ等メディア出演多数。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間4月23日

    今週の米ドル/円予想 10連休前で動きづらい(4/22週)

    4月22日(月)15時21分みんなの株式
【先週のドル/円の動向と今週の主要イベント】
今週の主要経済指標

今週の主要経済指標

先週の米ドル/円は小幅安。112.015で寄り付いた米ドル/円は、総じて112円を挟んだ展開となりました。なお、週間の上下の幅は42.5銭で、週間で50銭も動かなかったのは2012年1月9日週(39銭)以来7年ぶりとなります。
※ただし、2012年当時の為替レートは76円から77円程度でしたので、値幅ではなく変動率(先週は0.39%)では、1985年以来の低ボラティリティとなります。
このような低ボラティリティとなった主な要因は、為替条項の盛り込みが懸念されていた日米通商協議も特に為替についての言及はなかったことに加え、欧米市場がイースター休暇で薄商いだったことも挙げられると考えています。

今週の主要経済指標は図のとおりです。ここ最近の米経済指標がどちらかと言えば市場予想より強めとなっていることが多かったことから、今週末に発表される米第1QGDP(速報値)に注目していますが、今週よりも来週の方が数で主要な指標が多いので、米ドル/円にボラティリティが戻り始めるのは、週末から来週にかけてといったところを想定しています。
【米ドル/円(TFX)週足 チャート】
【米ドル/円(TFX)週足 チャート】

【米ドル/円(TFX)週足 チャート】

米ドル/円の週足チャートです。
価格は各移動平均線を上回っており、それぞれの移動平均線は、13週移動平均線が上向き、26週移動平均線がほぼ横ばい、52週移動平均線が上向きで、上から順に26週、52週、13週となっており各移動平均線が収束しつつある状態です。
先週は以前からお伝えしていたチャートポイントで3月初めの112.150を3ポイント上回りましたが、「一文新値は鬼より怖い」とまでは行きませんが、上値を伸ばすことはできませんでした。
そのため、今後もやはりこの112.15付近がレジスタンスとして意識されそうで、以前からお伝えのとおり基本的にはこの水準をバックに短期で売り、終値ベースで112.15を上回るようであれば、途転買いといった戦略を考えています。
【米ドル/円(TFX)日足 チャート】
【米ドル/円(TFX)日足 チャート】

【米ドル/円(TFX)日足 チャート】

米ドル/円の日足チャートです。
先週米ドル/円は一時112.18まで上昇いたしましたが、終値ベースで112.15は超えられませんでした。
また、以前からお伝えのとおり2月半ば以降は概ね110円から112円のレンジ相場となっており、中長期的な観点では様子見、短期的には112.15をバックに戻り売りを考えています。

なお、売りの場合でも目先のサポートは111.85前後で、これを下回るようなら200日移動平均線や転換線の位置する111.50前後を考えています。

このコメントは弊社チーフテクニカルアナリスト山口の個人的な見解で、内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもありません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

最終更新:4月22日(月)15時21分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ