ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】窪田製薬ホールディングス(4596)3月下旬から続いた下落トレンドからは脱却。続伸に期待。

本田隆一郎
本田隆一郎 勝率:36%(4勝7敗) パフォーマンス:-90.6
成長株・材料株を主とした銘柄選定に自信!
株式会社暁投資顧問の取締役。コースの一つである「デイトレコース」内で、デイトレード、スイング投資助言を行う。若くから株式投資を始め、投資の楽しみも、ほろ苦さも経験。一度に買うな、一度に売るなをコンセプトに個人投資家好みの銘柄選定を得意としています。
予想終了
  • 日本株 予想期間4月22日~4月26日

    始値(484円)→終値(463円)

    【買い】窪田製薬ホールディングス(4596)3月下旬から続いた下落トレンドからは脱却。続伸に期待。

    4月22日(月)8時47分みんなの株式
■続伸期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
眼科医・窪田良博士が米国シアトルで2002年に創薬ベンチャー、アキュセラ設立。15年12月日本に本社移転し窪田製薬設立。独自化合物のエミクススタト塩酸塩は06年萎縮型加齢黄斑変性薬開発に着手、08年大塚製薬と提携するが治験不調で16年6月終了。糖尿病網膜症薬やスターガルト病薬は引き続き米国で治験。米国YouHealth社の白内障薬候補物質など導入にも積極的。モバイル診断機器開発し薬事承認目指す。SBIと合弁設立検討。

スターガルト病を適応症として開発する治療薬候補「エミクススタト塩酸塩」においては、臨床第3相試験に移っており、網膜疾患患者向けの在宅・遠隔医療モニタリングデバイスとして開発を進めている超小型モバイルOCT「PBOS」については年内にも、米国で販売承認申請を行う見通しとなっており、期待材料となっています。

3月上旬から急動意し、中旬にはアメリカ航空宇宙局(NASA)のディープスペースミッションに向けて小型OCT(光干渉断層計)の開発受託契約を締結したと発表し、更に上伸。3月22日は、1226円の高値をつけました。

下落の最中でも、出来高が膨らむ日が多々あり、下げたところでは、買っている気配を感じていたところに、4月18日反発。ストップまで買われました。この日の上昇で、それまでのトレンドを脱却。上昇トレンドに移行期待です。日足では、75日移動平均線、3月上旬の上昇視点、週足では、13週線移動平均線がサポートとなっており、ここを割り込まずに、4月4週は続伸を期待。

最終更新:4月22日(月)8時47分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ