ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】タカラバイオ(4974)先週の材料発表も動意薄、決算前の反発に期待か◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:50%(93勝92敗) パフォーマンス:+31.5
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間4月22日~4月26日

    始値(2,350円)→終値(2,432円)

    【買い】タカラバイオ(4974)先週の材料発表も動意薄、決算前の反発に期待か◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    4月19日(金)17時27分みんなの株式
先週の材料発表も動意薄、決算前の反発に期待か
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:化学
時価総額:2836.99億円
PER:89.92倍
PBR: 4.56倍

 遺伝子研究用の試薬と理化学機器販売が主力で受託サービスなども行う。遺伝子治療実用化へ向けた研究に注力し、先端医療技術の開発と商業化を進める。健康食品やキノコ事業も展開していたが、今年になってシオノギヘルスケアや雪国まいたけに事業譲渡し、バイオ産業にリソースを投入。

 業績面においては他社に先がけて黒字化しており、その後も堅調に事業を拡大。今期は売上高利益ともに過去最高を更新する見込みで、とくに利益面においては全てのレイヤーで+30%超の大幅増益を計画している。最新の1/30に発表の第3Q決算は主力のバイオ事業が堅調な上、販管費も抑制されて利益率が向上、小幅ながら上方修正したほか増配も発表している。

 株価は先週18日に三重大と、新しいキメラ抗原受容体遺伝子治療に関する共同研究を開始したとの発表があったものの、需給面でのシコリ解消には至らず。4/1の大陰線とともに膨らませた出来高が上値を抑え込んでいるとみられ、相場反転を窺っておきたい局面。ボリンジャーバンドは-2σに達しており、調整一巡からの自律反発に期待。日柄的には今週もしくは連休明けの動意を意識して仕込んでいきたい。

最終更新:4月19日(金)17時27分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ